稲葉ジャパン、初の実戦...日ハムとの練習試合は京田&源田の1・2番、山川が4番

稲葉ジャパン、初の実戦...日ハムとの練習試合は京田&源田の1・2番、山川が4番

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/12
No image

西武・山川が4番を務める

今月16日に開幕する「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ 2017」(以下、アジアCS)に出場する日本代表「侍ジャパン」が12日、日本ハムとの練習試合に臨む。

1番は二塁・京田(中日)、2番は遊撃・源田(西武)、4番・山川(西武)という打線。先発は薮田(広島)で甲斐(ソフトバンク)がマスクをかぶる。

稲葉ジャパン初の実戦となるこの試合はこのあと13時試合開始。

◆ 侍ジャパン
(二)京田
(遊)源田
(右)上林
(一)山川
(指)近藤
(左)外崎
(三)中村
(捕)甲斐
(中)桑原
P.薮田

◆ 日本ハム
(指)西川
(遊)中島卓也
(一)横尾
(中)大田
(二)石井一
(右)森山
(左)渡辺
(三)太田
(捕)清水
P.吉田

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍田村「リードよりピッチャー素晴らしい」今永絶賛
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加