西武野上FA行使 球団は宣言残留容認

西武野上FA行使 球団は宣言残留容認

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/14

西武の渡辺久信シニアディレクター(SD)が13日、国内フリーエージェント(FA)権を保有する野上亮磨投手(30)が権利行使を決めたことを認めた。宮崎市内で取材に応じ、野上から連絡があったことを明かし、「迷ったみたいだったが、手を挙げるようだ」と説明した。

球団は10月末からの交渉で複数年契約などの条件を提示したが、野上は熟考した上で、権利行使に踏み切ったとみられる。現時点では、残留も視野に入れており、球団も宣言後の残留を容認する意向だ。渡辺SDは「チームに残ることを含め、他球団の話を聞きたいということだった」と説明した。

野上は今季、自己最多に並ぶ11勝を挙げて先発陣を支えた。DeNAなど先発補強を狙う球団が獲得に乗り出すとみられ、交渉が解禁となる16日以降、通算53勝右腕の争奪戦が始まりそうだ。

=2017/11/14付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
巨人 西武からFAの野上調査へ DeNA、残留も含め争奪戦
恩師・郭李が予言!阪神新助っ投・呂は「将来的に日本で成功するはず」
情報戦でV奪回!巨人に『侍の頭脳』志田宗大スコアラー招へいへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加