防水性と防寒性を兼ね揃えた「WATERFLY」のソックス。通勤やウィンタースポーツにもぴったり

防水性と防寒性を兼ね揃えた「WATERFLY」のソックス。通勤やウィンタースポーツにもぴったり

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/12/06

雨で靴下びっしょり…なんてことありますよね。会社で濡れたままの靴下を履いて1日過ごすなんて、できるだけ避けたいもの。そんな時は、「WATERFLY(ウォーターフライ)」の防水ソックスを使ってみてはいかがでしょうか。

雨による水の侵入を防いでくれるので、靴下の中まで水がしみ込んでくることはありません。普段履いている靴下の上に履いてもいいでしょう。冬のアウトドアで足先が冷えるシーズンにも使えますよ。

WATERFLY「防水ソックス」の特徴

No image

Image:Amazon.co.jp

水の中に足を入れても、靴下の中に水が入ってこないという高い防水性が売りのプロダクト。そして、インナー層にメリノウールを使用しているとのことで、柔らかな肌触りと防寒性も備えているので靴下の中は温もりが保たれています。

No image

Image:Amazon.co.jp

3つのレイヤー構造により、水がつま先まで入ってくるのを防ぎます。さらに、風は通りやすい構造になっており、靴下の中が蒸れてしまう問題も解決しています。

これから寒さが増していく季節。ウィンタースポーツに行くこともあるでしょう。ビジネスからプライベートまで使える防水性、防寒性の高い靴下を1つ持っておくと、生活が楽になりそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページでご確認ください。

Push

No image

WATERFLY(ウォーターフライ) 防水ソックス 防水靴下

2,799円

>>「Amazon WATERFLY」のアイテム一覧へ

Image:Amazon

Source:Amazon

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
胸にくるショート漫画「いいこいいこポンポンおじさん」に反響 「涙がとまらない」「癒された」「このおじさんほしい」
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
「最近ブスが多い」 マツコが考える「ブスの増えた理由」に賛同の声
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加