日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表

日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表

  • Game Spark
  • 更新日:2018/02/15
No image

日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表

もっと画像を見る
アメリカのブランドコンサルティング会社インターブランド、およびインターブランドジャパンは、「ブランド価値による日本ブランドのランキング」40社を発表し、ゲーム関連会社からソニーと任天堂がランクインしています。

このランキングは、インターブランドが、ブランドの持つ価値を金額換算する独自の価値評価(Brand Valuation)手法を用いて、日本発のブランドを対象にランク付けするもの。1位は、10年連続でトヨタとなりましたが、ゲーム関連会社としては、5位に「ソニー」10位に「任天堂」がランクインしています。

インターブランドは任天堂について、2017年3月に発売された「ニンテンドースイッチ」が、国内だけでなくグローバル市場でも多くのファンを獲得したことに言及。前年比ブランド価値成長率Top5の中にも名を連ね、2017年の11位から1つ順位を上げました。

トヨタ

ホンダ

日産

キャノン

ソニー

MUFG

パナソニック

ユニクロ

スバル

任天堂

なお、本記事で紹介したランキングは40位まで発表されています。詳しくはこちらより確認ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米FRB金融政策報告書、仮想通貨の急伸はリスク選好のあらわれ【フィスコ・ビットコインニュース】
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
京急電鉄「創立120周年記念乗車券」 発祥の地・川崎大師駅で発売
JTが「加熱式」で大勝負 「シェア4割」宣言の本気度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加