最新ランキングをチェックしよう
人気漫画『ゴールデン・カムイ』で注目される北海道の先住民族アイヌとは?

人気漫画『ゴールデン・カムイ』で注目される北海道の先住民族アイヌとは?

  • THE PAGE
  • 更新日:2016/12/01

ロシアで描かれた千島アイヌ(1774年、ゲオルギ『ロシア国内に居住せるすべての民族についての記述』より)
アイヌ(ainu)とは、アイヌ語で「人」もしくは「男性」を表す言葉であり、同時に民族集団の名称としても用いられる。人気漫画『ゴールデン・カムイ』(野田サトル)が活写するように、アイヌの人びとは独自の言語・文化を持して、明治の時代を迎えた。 アイヌとしていまを生きておられる人びとは、北海道の統計

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
酒気帯び運転容疑、群馬の高校教諭を逮捕
“新国立過労死”で新証言 「尋常でない現場だった」
福島第一3号機調査、格納容器の底部にも「デブリ」
咲き誇るユリが見頃 純白の“女王カサブランカ”も
福島の大麻が“すごい”らしい...かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加