自衛隊機にレーザー照射=威力業務妨害で会社員逮捕-神奈川県警

  • 時事通信社
  • 更新日:2016/12/01

飛行中の自衛隊機にレーザーポインターを照射したとして、神奈川県警国際捜査課は30日、威力業務妨害容疑で川崎市麻生区下麻生、会社員伊達和彦容疑者(55)を逮捕した。「レーザーを当てたことは間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は7月19日午後9時25分ごろ、同区下麻生の鶴見川河川敷で、上空を飛行中だった厚木基地所属の海上自衛隊哨戒機にレーザーポインターで緑色の光線を照射し、業務を妨害した疑い。

同課によると、哨戒機は高度600~900メートルを飛行中に照射された。同課は、同容疑者のポシェットからレーザーポインターを2本、自宅から2本をそれぞれ押収した。

周辺で今年1月から11月にかけ、米軍機や自衛隊機が光線を照射される被害が29件あり、海自が県警に相談していた。(2016/12/01-01:48)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
大学ブランドランキング九州編、1位の九州大学に続いたのは?
女性の足の裏を20分間ベロベロ!『足なめ男』の不気味な手口にご用心
  • このエントリーをはてなブックマークに追加