岡崎慎司に強力なライバル出現! レスターが冬の補強第1号で“掘り出しもの”を獲得

岡崎慎司に強力なライバル出現! レスターが冬の補強第1号で“掘り出しもの”を獲得

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/14
No image

安価での獲得となったが、レスター地元紙が実力に太鼓判を押すディアバテ。カンテ、マハレズに次ぐ“大当たり”となるか。(C)Getty Images

プレミアリーグのレスター・シティが、今冬の補強第1号を発表した。フランス2部のアジャクシオから獲得した、マリU-23代表のFWフォッセニ・ディアバテだ。

地元紙の『Leicester Mercury』は、レスターが22歳の注目株に費やした移籍金は200万ポンド(約3億円)と予測。そのうえで、「契約期間は4年半という異例の長さ。有望な若手をフランスから連れてくるレスターが目をつけた、確かなクオリティーの持ち主だ」と評した。

これまでエヌゴロ・カンテ(現・チェルシー)やリャド・マハレズをフランスのクラブから安価で買い取り、岡崎慎司やジェイミー・ヴァーディー、デマライ・グレイ、アルフレッド・ディディら主軸たちも、国内外の中堅クラブから引き抜いてきた。レスターのスカウティング力はプレミアリーグ屈指と言える。

175センチのディアバテはスピード自慢のアタッカー。前線で幅広く機能し、トップ下でもプレーできる。『Leicester Mercury』紙は「機動力があり、クロード・ピュエル(監督)がいかにも好みそうなタイプだ」と検証。レスターは現在、タレント過多であるFW陣の人員整理を進めており、イスラム・スリマニ、ケレチ・イヘアナチョ、レオナルド・ウジョアらの放出がいよいよ現実味を帯びてきた。

1月12日に正式契約したディアバテはさっそく、翌土曜日のプレミアリーグ23節、チェルシー戦の遠征メンバーに名を連ねた。最終的にベンチ入りは果たせなかったものの、フランス人指揮官が高い期待を寄せているのは間違いない。スコアレスドローに終わったチェルシー戦でスタメンを飾った岡崎にとっても、若く勢いのあるディアバテは強力な新ライバルとなりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
選手に蹴りを入れた仏リーグ審判、当面の間職務停止処分に
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
低迷続きのイングランド、鬼門ベスト8突破に挑む。失望の歴史に終止符を【ロシアW杯全32チーム紹介】
不振レアルの「チーム得点王」はわずか4点... “ブービー賞”の屈辱に贔屓紙も嘆き節
ロナルド古巣マンU復帰熱望か、仲間に退団伝えた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加