健大高崎 常総学院を撃破「“群馬3位から下克上”が合言葉」

健大高崎 常総学院を撃破「“群馬3位から下克上”が合言葉」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/10/22

第72回秋季高校野球関東大会は20日、上毛新聞敷島球場などで1回戦4試合が行われた。高崎健康福祉大高崎(群馬3位)が優勝候補の常総学院(茨城1位)に5―4で逆転勝ちし、8強に進出。西武台(埼玉2位)も青藍泰斗(栃木1位)に9―6で逆転勝ちし、88年以来32年ぶりセンバツ出場当確へあと1勝とした。

No image

9回に同点2ランを放った健大高崎・小沢

優勝候補の常総学院を逆転で撃破した。2点を追う9回、1年生の3番・小沢が右越えに公式戦2本目となる同点2ラン。さらに橋本侑が決勝スクイズを決めた。投げては1メートル91の右腕・橋本拳が5回から登板し5回無失点の好救援。青柳博文監督は「“群馬3位から下克上”が合言葉。気持ちでカバーしてくれた」と目を細めた。

<埼玉・西武台>1点を追う5回に5番の山田が逆転の右前2点打。追い込まれ、外角の変化球に泳ぎながらも右手一本で打ち返した。一塁上で派手にガッツポーズして「審判に注意されてしまった」と反省したが「凄くうれしかった」と大喜び。9回にも左前適時打で2安打3打点。32年ぶりのセンバツ当確まであと1勝に迫り「絶対あと1勝したい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PL学園・桑田OB会長、清原氏にラブコール「キヨと一緒にプレーできれば」 マスターズ甲子園
三大駅伝のラスト、箱根駅伝は東海大の連覇か、「5強」の混戦か
中京大中京高等学校(愛知・東海地区代表)「攻守に高いレベルでまとまり示し、前評判通りに東海大会を制す」
大阪府立大が1部昇格に王手 先発・丹羽は6回2失点 連投の可能性も「連勝で昇格を決めたい」
白樺学園高等学校(北海道・北海道地区代表)「全道を制覇した強力打線で全国に挑む!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加