最新ランキングをチェックしよう
死後4万年が経過した更新世の巨大オオカミの完全な頭部がシベリアで発見される(ロシア)

死後4万年が経過した更新世の巨大オオカミの完全な頭部がシベリアで発見される(ロシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/06/13

Albert Protopopov/The Siberian Times 永久凍土のおかげで、その獣の頭部にはまだ脳が残されていた。
 ロシア、サハ共和国北部のアビー地区を流れるチレフチャフ川の岸辺で、世界初となる更新世のオオカミの成体の完全な頭部が発見された。
 推定では死後4万年が経過しているというのに、被毛はほとんどそのまま残され、立派な牙だって生えている。
【他の記事を見る】シベリアの永久

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トランプ“孤立主義外交”の限界露呈か
とんだ倒錯ぶり... 70代女性が行おうとした性行為の相手とは
彼氏に性行為を拒否された女が逆ギレ、ナイフで切りつけ殴る蹴るの暴行で逮捕 なぜか彼氏に批判の声も?
「ナルト走りでエリア51に突入しよう」とジョークのつもりで呼びかけたら180万人が参加表明、米軍が警戒する事態に
ロケット花火が口の中で爆発、56歳の女性が即死 「想像するだけで恐ろしい」と恐怖の悲鳴殺到も物議に?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加