最新ランキングをチェックしよう
死後4万年が経過した更新世の巨大オオカミの完全な頭部がシベリアで発見される(ロシア)

死後4万年が経過した更新世の巨大オオカミの完全な頭部がシベリアで発見される(ロシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/06/13

Albert Protopopov/The Siberian Times 永久凍土のおかげで、その獣の頭部にはまだ脳が残されていた。
 ロシア、サハ共和国北部のアビー地区を流れるチレフチャフ川の岸辺で、世界初となる更新世のオオカミの成体の完全な頭部が発見された。
 推定では死後4万年が経過しているというのに、被毛はほとんどそのまま残され、立派な牙だって生えている。
【他の記事を見る】シベリアの永久

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中国も韓国も北朝鮮も、いよいよ東アジア経済が「自滅」しそうなワケ
「住民税」が非課税になる年収は? どんな優遇があるの?
剛力彩芽、ZOZO前社長の前澤友作氏と破局!事務所社長にも報告
ゆきぽよ、正真正銘のすっぴん姿にネット騒然 「路線変えてほしいレベル」
結局、ノートパソコンは電源につなぎっぱなしにして良いの?ダメなの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加