キドニーグリルさらに巨大化! BMW 1シリーズ 次期型、見えてきた新デザイン

キドニーグリルさらに巨大化! BMW 1シリーズ 次期型、見えてきた新デザイン

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15
No image

BMW 1シリーズ 次期型スクープ写真

もっと画像を見る
BMWのエントリーハッチバックモデル『1シリーズ』の次期型プロトタイプが、また一つカモフラージュを脱いだ。

新たに露出したのは新デザインのキドニーグリルだ。現行モデルより明らかにワイドになっているのが確認出来る。ヘッドライトはダミーで、エアダクトも隠されているが、情報によれば次期型はより躍動的なデザインになると言う。

プラットフォームには『X1』と共有する「UKL」を採用。駆動方式は「FF」へ変更されると共に、ホイールベースを延長。ライバルであるVW『ゴルフ』との差別化を図るクーペ的ルーフをもつが、室内空間は現行モデルよりも拡大される見通しだ。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリン&ディーゼル、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンの他、PHVモデルも期待出来るだろう。また最高出力400psとも噂されるハイパフォーマンスモデル「M140i」のラインアップも確実視されている。

注目のワールドプレミアは、2018年。早ければ3月のジュネーブモーターショー、遅れれば10月のパリモーターショーになるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スバル、東京モーターショー2017に「スポーツセダンタイプのコンセプトモデル」を出展 「S208」や「BRZ STI Sport」も発表予定
えっ、これ電動バイクなの!? フランス発・流線形カウルのレトロ調スクーター
ソフトバンクがAI新会社設立へ、孫社長「300年帝国」の野望が始動
アート観賞が楽しめる人気の宿ランキング
【ビデオ】ランドローバーの新型「ディスカバリー」が、総重量110トンにもなるオーストラリアのロードトレインを牽引!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加