ロッテ育成2位森、ユニーク回答連発で沸かす

ロッテ育成2位森、ユニーク回答連発で沸かす

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05
No image

ファン向けロッテ新入団選手発表会で応援団のエールに松葉づえ姿の育成ドラフト2位の森(撮影・柴田隆二)

ロッテの育成ドラフト2位、都城商・森遼大朗投手(18)が5日、注目を浴びた。東京・西新宿のロッテ本社で、他の新人たちとともに新入団選手発表会に出席。ただ、森は松葉づえを突いて登場した。

今年8月末、ランニング中に左膝を痛めた。蓄積した疲労から、軟骨がはがれるアクシデントに見舞われた。10月頭に宮崎市内の病院で手術を受け、1カ月半の入院を余儀なくされた。10月26日のドラフト会議は、病院に外出許可をもらい、学校で結果を待った。

年内には松葉づえが外れる見通しだ。「球が投げられず、走れない。つらいです」と言いながらも、ユーモアを忘れなかった。会見で「得意なことは」と聞かれると、「病院生活をしていたので、車椅子の操縦は負けません」と答え、会場を沸かせた。千葉の印象については「今、田舎に住んでいるので。畑や田んぼが、千葉には全然ないなと」と素朴な答えでなごませた。

来年3、4月ごろの練習復帰を目指している。「こういう時だから出来ることもある。上半身、体幹を強化しています」と明るく話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷がエンゼルスを選んだ「本当の理由」は? MLB公式サイトが“推測”も...
大谷エンゼルス入団スピーチ まるでアカデミー賞
“パ・リーグ党”中川家礼二に聞く ソフトBの牙城を崩すのはどのチーム?
大谷翔平のハートを射止めたエンゼルスの魅力
ロッテ石川ダウン額、まさかの「10ビットコイン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加