ロッテ荻野2号2ラン「しっかり捉えること出来た」

ロッテ荻野2号2ラン「しっかり捉えること出来た」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

5回裏ロッテ2死一塁、荻野は左越え2点本塁打を放ち、ベースを回る(撮影・松本俊)

<ロッテ-ソフトバンク>◇10日◇ZOZOマリン

ロッテ荻野貴司外野手(31)が2号2ランを放った。

2-6の5回2死一塁で、ソフトバンク東浜から左越え。前打者の加藤は遊撃へのゴロだったが、ヘッドスライディングで内野安打としていた。

荻野は「打ったのはスライダーかカットボールですかね。翔平(加藤)が必死に塁に出てくれたので、調子がいいカク(角中)につなげれば得点につながると思っていました。ホームランはたまたまですが、しっかり捉えることは出来ました。逆転出来るように頑張ります」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加