FWイビシェヴィッチ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表引退を表明

FWイビシェヴィッチ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表引退を表明

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/13
No image

イビシェヴィッチが代表引退を表明 [写真]=Getty Images

ヘルタ・ベルリンに所属するボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWヴェダド・イビシェヴィッチが代表引退を表明した。同国メディア『Sportsport』が11日に伝えた。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナは2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループHでベルギー代表、ギリシャ代表に次ぐ3位に終わり、本大会出場を逃していた。イビシェヴィッチはこれが引退を決意した理由だと語った。

「W杯出場を逃したら、代表を引退すると決めていた。10月の予選最終節エストニア代表戦から時間がかかってしまったが、気持ちを整理する必要があった。年齢を考えると最良の決断だと思うし、チームにとっても良かったと思っている。これからはファンとして、代表チームを誰よりも応援するよ」

現在33歳のイビシェヴィッチは代表82キャップで28ゴールを記録。キャップ数では歴代4位、ゴール数では同国代表FWエディン・ジェコに次ぐ歴代2位の記録を保持している。またブラジルW杯の欧州予選では母国を本大会初出場に導くゴールを決め、大会初戦のアルゼンチン代表戦でもゴールを決めてボスニア・ヘルツェゴヴィナ人初のW杯得点者にもなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
UEFAが“究極のベスト11”を発表!C・ロナウド、メッシのほか引退した選手の名前も
移籍の噂が付きまとうグリーズマン、来年1月の移籍を完全否定
ノボトナの死にトップ選手らが哀悼の意
スペイン紙、W杯の“死の組”を予想。ポット4からは日本代表が選出
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加