ノイアー快挙 世界最高GKに

ノイアー快挙 世界最高GKに

  • スポルト
  • 更新日:2017/12/06
No image

バイエルン所属GKマヌエル・ノイアー

バイエルン・ミュンヘン所属のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが雑誌フランスフットボールが開催した投票で世界最高のゴールキーパーに選ばれた。ユベントスのジャンルイジ・ブッフォンやチェルシーのティボ・クルトワを抜いての快挙だ。

上記以外でノミネートされていた選手には、フランス代表のウーゴ・ロリス、アトレティコ所属のヤン・オブラク、レアルマドリーのケイラー・ナバス、ユナイテッドのスペイン人GKデ・ヘア、FCバルセロナのテア・シュテーゲン、インテルミラノのサミール・ハンダノヴィッチがいる。

元歴史的ゴールキーパーであるサンティアゴ・カニサレス(スペイン)、リオネル・レティジ(フランス)、マーク・シュワルツァー(オーストラリア)、ゼップ・マイヤー(ドイツ)、フランチェスコ・トルド(イタリア)が審査員として参加したが、全員が現在のNo.1キーパーはマヌエル・ノイアーだと答えている。

審査員の見解によれば、ノイアーは並み居るゴールキーパーの中でも最も守りが堅固であるという。ノイアーを選んだ理由としては、カニサレスが「最も完璧に近い」、レティジは「理想的なGKだから」、マイヤーは「現代のGKのプロトタイプと言える」、シュワルツァーは「彼は別レベルだ」、そしてトルドは「北ヨーロッパが生んだ名選手」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ウインターカップ女子プレビュー】三冠を狙う岐阜女を追うのは、桜花学園、大阪桐蔭、東京の2校あたりか
エジル バルサよりマンU希望
冷遇続く原口元気、今冬に移籍か...ヘルタ幹部「1月にハッキリさせる」
まさに“柏から世界へ”...FW伊藤達哉がハンブルガーSVとプロ契約を締結
ミラン、期待の“生え抜きDF”と契約更新! 新しい契約期間は2022年6月まで

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加