素手でりんごを絞る方法

素手でりんごを絞る方法

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/11/13

リンゴの季節到来です!リンゴ狩りに行くにせよ、スーパーで買うにせよ「アップルパイ」「アップルソース」などなど何を作るか迷ってしまいますね。でもリンゴって、どこでも手に入るわりにはキッチンの必需品ではありません。それもそのはず。オレンジは手でもかんたんに絞れるのに、リンゴジュースを作るには専用のジューサーが必要ですからね。

……なんて思っているあなた、実はそうでもないようです。

Food52で紹介されていたStuart Brioza氏とNicole Krasinski氏の共著『State Bird Provisions』によると、リンゴジュースを素手で作れるのだとか。おいしいうえに、インクレイディブル・ハルクみたいな気分も味わえちゃいますよ。

さっそくその方法を紹介しましょう。

まずリンゴを8時間、冷凍庫で凍らせます。そのあと、3時間ほど自然解凍してください。それだけで、手で絞れるぐらいに柔らかくなるんです。

理由は、水が凍ると膨張するから。果物やその他の植物を凍らせると、膨張によって細胞壁が壊れ解凍後ふにゃふにゃになります。これは一般的な冷凍食品にとっては課題ですが、逆に柔らかくすることが目的であればこんなに完璧なショートカットはありません。

でも、お店で買うリンゴジュースとはちょっと違う味わいなんだそう。

得られるジュースは濃縮され、甘みと酸味が増します。

それ、むしろそそられるじゃないですか! 興味のある人はぜひお試しを。

Image:Dmitryp-k/Shutterstock.com

Source:Food52,Amazon

aime Green - Lifehacker US[原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
室内「エアーなわ跳び」でダイエット。でもブラジャーには注意して!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
あの89歳自撮り婆さん「西本喜美子」の展覧会が開催される!相変わらずシュールと話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加