フランスから10分で行ける、イタリアの国境の街「ヴァンティミーリア」

フランスから10分で行ける、イタリアの国境の街「ヴァンティミーリア」

  • TABIZINE
  • 更新日:2018/02/15
No image

ヴァンティミーリアというイタリアの小さな街をご存知でしょうか。よっぽどのイタリア通でない限り、知っているという方は少ないかと思います。ヴァンティミーリアはフランス国境の街マントンから電車で10分で行けるイタリアの都市。その魅力を現地ルポいたします。

フランスから地方特急列車に乗って10分

No image

コート・ダジュールの主要都市を結ぶ、TER(地方特急列車)の終点が、イタリアのヴァンティミーリア。ニースからは50分、フランス国境の街マントンからは10分で行くことができます。

筆者はマントンから列車に乗りました。美しいコート・ダジュールの海沿いを走り、あっという間に到着です。ヨーロッパなのでもちろん出入国審査はありません。まるで隣町に行くような感覚で、イタリアに来てしまいました。電車で10分という至近距離なのに、ここでは皆イタリア語を話しています。なんとも不思議な感覚です。

ヴァンティミーリアはマルシェが有名

No image
No image

ヴァンティミーリアの駅から、海沿いへ向かって行くと、マルシェ(市場)があります。ヴァンティミーリアはマルシェが有名な街。野菜などは、フランスよりも安価なので、マントンに住むフランス人は、わざわざヴァンティミーリアのマルシェまで来るのだとか。

筆者も、イチジクやトマト、きゅうりなどを購入してみました。太陽をたっぷり浴びたイタリアのトマトは甘みが凝縮されているようで、とっても美味。マルシェでは、イタリアのマンマ(母親)お手製のオリーブオイルやトマトソース、バジルソースなんかも売られていました。

カラフルな可愛らしい街並み

No image
No image

ヴァンティミーリアの街並みは、絵本の中の世界のようにカラフル。ここはイタリアですが、マントンの旧市街地のパステルカラーの街並みと似ているような印象を受けます。古いこのヴァンティミーリアの街並みは味があって、ただ街を歩くだけでも楽しい気分になります。

美しいコート・ダジュールのビーチ

No image
No image

夏のコート・ダジュールのビーチはとにかく人で溢れかえっています。しかし、ヴァンティミーリアのビーチはフランスに比べあまりの人の少なさに驚いてしまいました。ヴァンティミーリアのビーチはフランスのコート・ダジュールのビーチほどは整備されておらず、自然で逆に美しさが感じられました。

美味しいイタリアン

No image

フランスのマントンにも、もちろんイタリアレストランは数多くあります。イタリア人が経営しており、美味しいイタリア料理が食べることができます。しかし、ヴァンティミーリアで食べたパスタは、これぞ本国のイタリア料理という感じがして、フランスのイタリアンとはどこか違います。こんなに至近距離なのに味に違いが出るのは、水が違うのかイタリアの空気せいなのでしょうか、なんとも不思議です。

ヴァンティミーリアの治安情報

No image

ヴァンティミーリアは治安が悪いという印象は受けませんでした。他のヨーロッパ都市同様、一人で夜の街を歩くということは避けた方がいいでしょう。

ヴァンティミーリアには、イタリアからフランスへ渡ろうとするアフリカからの難民がここ数年で急激に増えているという話を聞きます。実際、ヴァンティミーリアの駅前には難民の方を多く見かけました。そして、ヴァンティミーリアからフランスに帰る電車の中には、警察官が見回りをしています。フランスで時事問題によく上がっている、移民難民の社会問題を垣間見たようでした。

ヴァンティミーリアには驚くほど簡単に行くことができて、フランスとはまた違った体験ができます。南仏旅行の際はぜひヴァンティミーリアまで足を伸ばしてみてくださいね。

[All photos by Nanako Kitagawa]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「宮崎勤事件」で起きた「ボタンの掛け違い」、なぜ子どもの誘拐殺人事件は繰り返されるのか 知っているつもりが、実際は間違いだらけの防犯対策
【ガチ】うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明! 「絶対に~」「必ず~」を連発する人は危険!?
無理やり起こされ、泣いても「夫婦の営み」強要...完全にDV、犯罪になる可能性も
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
「金も時間も損している」「コスト削ればいいという考えは無能」 人月単価が150万円の業者から70万円の業者に変えた結果がまるでイソップ童話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加