小園、デビュー戦の自己採点は「40点」プロ初安打も2三振&失策

小園、デビュー戦の自己採点は「40点」プロ初安打も2三振&失策

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/06/23
No image

8回、田村の遊ゴロを後逸する広島・小園

「交流戦、広島7-6ロッテ」(20日、マツダスタジアム)

広島のドラフト1位・小園海斗内野手が「1番・遊撃」でプロ初出場初先発を果たし、初打席初安打を放った。一問一答は以下の通り。

-初安打が1打席目に出た。

「初打席初ヒットだったので、うれしかったです」

-積極的にいった。

「持ち味でもあるので、そこは変えずにいきました」

-記念のボールは。

「家に送りたいと思います」

-デビュー戦を振り返り、悔しい結果という言葉もあった。

「エラーもあったり、三振2つというのは悔しかった」

-田中広がずっと守ってきた遊撃で先発した。

「ずっと守ってきたところで出させていただいて、そこでしっかり結果を残そうというか、1軍のショートとしてしっかりやろうと思ってました」

-デビュー戦の自己採点は。

「40点ぐらいですね」

-スタンドが真っ赤な中でプレーしたことは。

「声援が自分の力になった。オープン戦の時からすごい応援と感じていたので、公式戦でしっかりとプレーしたいという気持ちでやってきて、今日真っ赤なスタンドで守って打ったりできたのは本当に良かったです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FC岐阜 今季もデル・ピエロとコラボ、来日するぞ!!
自身を救い、勝利届ける山崎康晃のDIY/独占手記
注意すべきは油断と“天敵”?首位独走巨人、シーズン後半戦の落とし穴
中日が今季最長7連勝で単独3位! DeNA山崎は最年少150セーブ...17日セ・リーグは?
乱闘!? ボールが2つ!? 8人が倒れて延長13回に没収試合!? 高校野球・夏の地区大会事件簿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加