U21に三好、小松が合流 13日タイ戦へ調整

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12

中国・江陰でU-23アジア選手権に参加中のU-21日本代表が12日、1次リーグ第2戦(13日)のタイ戦に向けて、約1時間半最終調整した。紅白戦などでみっちり戦術を確認。前日11日に別メニュー調整だったMF三好康児とFW小松蓮も合流した。

タイは森保ジャパン初陣となった昨年12月のタイ遠征M-150杯で敗れ、リベンジを図りたい相手。勝てば、1次リーグ突破の可能性もあり森保一監督は「戦術理解も深めてもらって、ベストの力を出せるようにしたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤谷、神戸に恩返しVや!19日準々決勝ウズベク戦 U-23アジア選手権
センター受験のロンブー淳、ナイナイ岡村の場合は?
森保ジャパン3月南米遠征でパラグアイ、チリと対戦
藤谷“足”生かす!50m5秒9、両親大阪ガス所属の陸上一家
横浜始動、ポステコグルー新監督が優勝へ決意伝える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加