日本ハム中田、初打席で適時打も「評価できない」

日本ハム中田、初打席で適時打も「評価できない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

日本ハム紅白戦 1回表2死二塁、中田は今季実戦初打席で先制中前適時打を放つ(撮影・松本俊)

日本ハム中田が今季初実戦初打席で、適時打を放った。12日(日本時間13日)、紅白戦の1回、白組先発村田の球を中前打。侍ジャパン稲葉監督の“御前試合”で、勝負強さを発揮した。

「まだ自分の目で、しっかり球を捉えている感じではないし、評価できないよ」と自己採点は辛めだったが、稲葉監督は「20年の東京五輪で見てみたい選手。1年かけて自分探しをして欲しい」と、かわいい弟分に期待していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
広島・高橋昂、中日相手に3回無失点 初回ピンチも「自分の投球できた」
台湾で2年連続4割超の王柏融に日本球界経験者も太鼓判「彼は成功すると思う」
阪神島田バット◎も2盗塁死...失敗を糧に/新顔通信
小平の金に地元も歓喜 「タイムもメダルも最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加