“有毒”塩化銅が原因 エメラルドグリーン変色の川

“有毒”塩化銅が原因 エメラルドグリーン変色の川

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/12
No image

動画を見る(元記事へ)

埼玉県草加市で川がエメラルドグリーンに変色し、魚が大量に死んだ問題で、近くの工場から流れ出た有毒の塩化銅が原因だったことが分かりました。

草加市内を流れる古綾瀬川では11日、約300メートルにわたって水が変色し、魚100匹以上が死んでいるのが確認されました。埼玉県によりますと、1キロほど離れた化学品の製造工場から流れ出た物質が原因だということです。塩化銅は毒性がありますが、県によりますと、生活用水に影響する恐れはないとみられ、工場の立ち入り検査を行い、詳しい分析を進めているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
患者の体内にスポンジ 連続で置き忘れ 埼玉の病院
事故ってグチャグチャになったBMWを、歪みなく直すロシアの修理工
有名大学が大幅値上げラッシュ! 大学初年度給付金ランキング
「パンチラ撮らせて!」真っ昼間から女子生徒にムチャぶり 品川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加