最新ランキングをチェックしよう
3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応

3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応

  • Engadget
  • 更新日:2018/04/17

ドワンゴが3Dアバター向けの汎用ファイルフォーマットVRMをオープンソースで公開しました。
VRMはいわゆる「VTuber」の配信やVRゲーム、チャットなどで使うアバターに特化した、プラットフォーム非依存のファイル形式。
3Dモデルとしてのテクスチャやボーンといった情報に加えて、視線設定など一人称で操作するアバターに必要な情報を扱えるようにし、環境により異なるスケールや座標系などを統一することで、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米国発のAI搭載型通信ドライブレコーダー「ナウト」、日本国内の法人向けに販売開始
復刻で話題の“バナナフォン”「Nokia 8110 4G」を衝動買い
【注意喚起】「Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!」というサイトに要注意 / 正体はGoogleギフトを装ったフィッシング詐欺
『PUBG』カスタムマッチ作成機能がテストサーバーで全ユーザーに開放!
パナソニックの二股ソケットが今でも年間10万個も売れているって知ってた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加