最新ランキングをチェックしよう
3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応

3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応

  • Engadget
  • 更新日:2018/04/17

ドワンゴが3Dアバター向けの汎用ファイルフォーマットVRMをオープンソースで公開しました。
VRMはいわゆる「VTuber」の配信やVRゲーム、チャットなどで使うアバターに特化した、プラットフォーム非依存のファイル形式。
3Dモデルとしてのテクスチャやボーンといった情報に加えて、視線設定など一人称で操作するアバターに必要な情報を扱えるようにし、環境により異なるスケールや座標系などを統一することで、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜauはグーグル「Pixel 3」を扱わないのか
ドンキで発売開始した3980円のスマートウォッチ『アクティブギア ライフロガー』を買ってみた!
異世界ソ連のFPS『Atomic Heart』設定の一端が垣間見える動画「Soviet Television at Facility 3826」公開
モンブラン新スマートウォッチSnapdragon 3100搭載「SUMMIT 2」発売
動画で振り返る、本日発表されたGoogle新製品まとめ。48秒でワクワクを味わう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加