【競輪】村上博が大垣記念を制覇 2012年の向日町以来、5年ぶりのG3優勝

【競輪】村上博が大垣記念を制覇 2012年の向日町以来、5年ぶりのG3優勝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14
No image

5年ぶりのG3優勝を喜ぶ村上博幸

「水都大垣杯・G3」(14日、大垣)

最終日の12Rで決勝戦が争われ、村上博幸(38)=京都・S1・86期=が、稲垣裕之のまくりに乗って差し切りV。2012年の向日町以来、5回目のG3優勝を果たした。2着は稲垣、3着には小松崎大地が入った。

3人ずつ2つのラインに分かれて戦った近畿勢が魅せた。先行態勢に入った石塚を、三谷はすかさず最終ホームで叩きに行く。「(三谷)竜生が格の違いを見せてくれた。近畿が6人も決勝に乗れたから、自分たちから優勝者を出したいという意地もあった」と村上。同地区同士が妥協なしの壮絶なもがき合いを繰り広げた。 かつてのダービー王で、グランプリも制した男が、この優勝を素直に喜んだ。「S班から1班に落ちてからは、記念のあっせんも減っていた。今の競輪は追い込みやマーク選手の時代ではなくなっている。自分でもよく踏ん張れていると思う」。目標のG3制覇を達成。もちろん、これから狙うのはG1。「この4日間は納得のレースができた。さらにタテ脚を磨いて勝負したい」。23日から今年最後のG1・競輪祭での優勝争いをもくろむ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
日本を襲う危機。「北朝鮮」が戦争に走れないたったひとつの理由
おぎやはぎ・矢作兼、RaMuのノーパンノーブラ話に「いいなー!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加