右サイドからナックル、明豊・橋詰は悔しい3回5失点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13

「全国高校野球選手権・2回戦、明豊-坂井」(13日、甲子園球場)

明豊(大分)の背番号1、ナックルを投げる右横手投げの橋詰開斗投手(3年)が六回から登板した。

初球から球速97キロと山なりのボールを投げて球場をどよめかせた。VTRでは、爪で弾かれるように投げられたボールはほとんど回転せず、落ちていく様子が確認できた。

4-1と3点をリードしてマウンドを託されたが、坂井の反撃にあい六回に3失点、八回に2失点と逆転を許し、悔しさの残るマウンドとなった。

しかし、試合はシーソーゲームに。橋詰に代打が出た八回に、明豊は浜田の逆転2ランで1点のリードを奪い九回に入った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広陵の中村選手、甲子園の新たなヒローに 母への「恩返しで今日も頑張りたい」
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
誠也 右足首剥離骨折!ジャンプして好捕もまさかのアクシデント
中日森監督「あいさつできた」長女の葬儀後初勝利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加