大手米紙 神戸製鋼改ざん問題「日本の名声に傷」

大手米紙 神戸製鋼改ざん問題「日本の名声に傷」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

神戸製鋼所のデータ改ざん問題で、アメリカの大手紙が「日本の名声に新たな影を落とした」などと評論した記事を掲載しました。

アメリカのニューヨーク・タイムズ紙は11日、一面で「神戸製鋼所のデータ改ざんで、また日本の名声に傷」と題した記事を掲載しました。「アルミや銅製品のデータ改ざんは世界的なサプライチェーンに影響を与え、『精密な製造業』という日本の名声に新たな影を落とした」としています。また、日産自動車や三菱自動車など日本の大手製造業で問題が相次いでいることにも触れ、「日本が海外で競争力を維持できたのは品質のお陰だった」と警告を発しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】トヨタが『TS050 HYBRID』『CROWN Concept』などを出展
1〜3四半期の中国のGDP成長率は6.9%、消費が最大の駆動力に
ボロ物件で家賃年収2000万へ! 現金200万円以下で買える物件で不動産投資に成功した男
埼玉5区、立民・枝野幸男氏が当選確実
ビックカメラが年初来高値を更新 「構造不況」の逆風でも成長できる理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加