新生・南葛SCの新監督に迫る! 選手権優勝からサッカー観を変えた人物との出会いまで...

新生・南葛SCの新監督に迫る! 選手権優勝からサッカー観を変えた人物との出会いまで...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/01/24
No image

風間氏との出会いで「技術への考え方が大きく変わった」という。現在の指導哲学にも大きな影響を与えた人物だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

名古屋のトップチームコーチ時代。この地で自身のサッカー観を変える出会いがあった。(C) J.LEAGUE PHOTOS

No image

新シーズンの南葛SCの指揮を執る島岡新監督。指導者としてのキャリアは母校の関西大から始まった。写真:滝川敏之

関東社会人リーグ昇格を果たすべく、“新生南葛SC”が動き出した。今季からチームを率いるのは島岡健太監督だ。関西大で長きにわたって監督を務め、2016年からは名古屋グランパスでトップチームのコーチを務めるなど実績は十分。新指揮官の手腕に興味は尽きない。

では、島岡監督は今シーズン、いかなる道を歩みチームを強化していくのか――。新参の将に直撃した今回の特集では3回に分けて、新天地に懸ける想いや目標の実現に向けた意気込みをお届けする。シリーズ1回目の今回は、新監督のキャリアについて紐解いていく。

――◆――◆――

名古屋から上京して早1か月。新指揮官は新たな挑戦に胸を踊らせているが、気になるのはそのサッカーキャリアだ。

島岡は四日市中央工高の出身。1991年度の高校サッカー選手権では小倉隆史(元名古屋ほか)、中西永輔(元横浜Mほか)中田一三(元横浜Fほか)らと、同校史上初の優勝に貢献した。卒業後は関西大に進み、96年に鳥栖フューチャーズに入団。翌年から名称変更したサガン鳥栖の一員としてJ2でプレーし、01年に現役を退いた。ここから母校の関西大でコーチになるのだが、当初はそのつもりはなかったという。

「まさか指導者になるとは思っていなかったんです(笑)。指導者になりたくてなったわけではなかった。現役引退後のプランは正直に言うと何も考えていなかったんですよ」

では、なぜ教える側になったのか。その理由を尋ねると、シンプルな答えが帰って来た。

「僕が引退するタイミングで母校の関西大に『指導者をしたい気持ちはないか』と、声をかけてもらったんです。誘われるまで僕自身はやる考えを持っていなかったけど、チャンスがあるならと思ったのと、母校のために新たな自分を作るチャレンジをさせてもらえるのであれば、やってみようという気持ちになって一歩踏み出しました。そこが始まりですね」

母校のために――。その想いで関西大のコーチになったが、最初は苦労の連続だった。島岡も苦笑いを浮かべながら、当時をこう振り返る。

「指導者をやったことがないから、何をしていいか分からなかった。なので、学生に『俺は外を走っておくから、いつも自分たちがやっていることをやってくれ』と。そこから始めて、最初の1、2週間は様子を見ていました。その中で『もう少しこうすればいいのに、これができたらいいのに』というのをその当時のキャプテンと話すようになって、そこから僕がちょっと指導に入っていたんです」

手探りから始まった指導者の道。選手の兄貴分として密にコミュニケーションを取り、日々グラウンドに足を運んで汗を流した。在籍9年目となった09年からは監督となり、翌年には全日本大学サッカー選手権で優勝。順風満帆の日々を過ごした。

だが、島岡は15年度に大学を去る決断を下す。自身と学生の成長を考えた故の退任だった。

「大学に来て15年目。いつまでも大学にいても自分自身にとっても、学生たちにとっても良くない。同じチームを長く指導される方もいるので、それを否定するわけではないけど、自分と学生の年齢差がどんどん離れていくなかで、このままで果たしていいのかなという考えもありました。最終的には、自分が新たに外に出て挑戦したいという気持ちが強くなったことが決め手になり、15年目を区切りに大学側とOBの方に今年で大学を離れさせてもらいたいと話したんです」

15年の秋前までに想いを固めたなかで、次は何をするのか。頭を巡らせていると、高校時代の盟友で名古屋のGMに就任した小倉氏と話す機会があった。直々に誘いを受けると、翌年から小倉氏が監督に就任した縁もあって名古屋のトップチームコーチに就任したのだ。

残念ながらシーズン途中で小倉氏は退任したが、島岡はコーチとして留任。そして、翌年に運命的な出会いを果たす。後任の風間八宏監督だ。日本サッカー界を席巻した名将との出会いは、島岡のサッカー観を劇的に変えたという。「僕が取り組んで来たサッカーは『何?』と思うぐらい、全然違うものが入ってきた。これは絶対に大事。それぐらいの知識や経験が自分に入ってきて、すごく勉強になりました。当時の学生には会うたびに頭を下げるほどで、『大学時代は申し訳なかった、全然サッカーを理解していなかったわ』と。教え子には『ちゃんとしといてよ』って言われましたけど(笑)」

では、風間監督のもとで具体的に何を学んだのか。それがボールを扱う技術の概念だ。止める・蹴る・受ける・運ぶ、サッカーに必要な絶対的な技術――。自身の考えを180度変えるほどの衝撃があった。

「ボールを扱う技術がまるで違った。個人のクオリティが高いというのは、どういうものなのか。本当のサッカーというものは、こういうものだと教えてもらいました。(キャプテン翼に由来する)南葛SCにもつながるのですが、『ボールは友達』なんです。ボールは自分の言うことを聞くはずなのに、いつのまにかそうでなくなっている。ボールが言うことを聞くようにするためには、自分が上手くなるしかない。風間さんと出会って、サッカーの技術への考え方は大きく変わりました」

2019年シーズン途中に風間氏が退任するまでの約2年半。島岡にとって、大きな意味を持つ時間だった。

「トップでもユースでもサッカーを見させていただいけど、技術に対しての要求に限界はない。技術には限界がないし、磨けば磨くほど変わる」

19年の10月からU-18のコーチとなり、同年限りで名古屋を退団。だが、ここで学んだ考え方は島岡の脳裏に深く刻まれた。そして、再び新たな挑戦に挑むわけだが、なぜ南葛SCの指揮官に就任したのか。そこには教え子が繋いだ縁があった。(文中敬称略)

※第2回に続く。次回は1月31日(金)に掲載予定です。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

Supported by KLabGames

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新川(富山)「チームの歴史を変えるべく、細かなところまで徹底できるチームを目指す!」
鹿島松村ほろ苦デビュー 出場9分で一発退場し号泣
[新人戦]鵬翔が大津と引き分けて決勝Tへ!創成館、飯塚、秀岳館なども8強入り:九州
川崎の長谷川竜也が2ゴールの活躍「チャンスを絶対に逃さない」
菜七子、プレート入れる手術へ 落馬で左鎖骨骨折、約1カ月での復帰目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加