「偉大なる幕開け」「格を示した」 パチューカ本田の衝撃デビュー弾を各メディア絶賛

「偉大なる幕開け」「格を示した」 パチューカ本田の衝撃デビュー弾を各メディア絶賛

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/08/23
No image

初出場からわずか15分後のメキシコ初ゴールに「偉大なるデビュー」の声

パチューカの日本代表FW本田圭佑はメキシコリーグ(リーガMX)第6節ヴェラクルス戦の後半から途中出場し、待望の新天地デビューを果たした。そして同27分に鮮やかなドリブルシュートを叩き込む活躍に、各メディアは「偉大なる幕開け」「格を示した」と高い評価を与えている。試合は4-1でパチューカが勝利した。

メキシコでも大きな話題として取り上げられた7月の入団会見後、本田は右ふくらはぎの肉離れによってリハビリ生活を強いられていたが、リーグ6戦目にして遅ればせながらメンバー入り。そして後半12分、途中交代で新天地デビューを果たした。

すると「背番号02」は、その15分後に輝きを放つ。自陣からのスルーパスに抜け出すと、ペナルティーエリア手前で左足を一閃。豪快なミドルシュートをゴール右隅に叩き込み、4-0とリードを広げるダメ押し弾を決めた。大きく舌を出して喜びを表した本田だが、メキシコ紙「ペリオディコ・コレオ」は「メキシコサッカーにケイスケ・ホンダが偉大なる幕開けを飾る」との見出しで報じた。

記事では「スコアボードが安定し、ディエゴ・アロンソ(監督)は日本人のケイスケ・ホンダをデビューさせる贅沢を手にした。中距離ショットで4点目を決めるパフォーマンスで成功を収めた」と評価されている。

「美しいショットで4点目を決める」

また、アメリカのスペイン系テレビ局「ウニビシオン」も、「ケイスケ・ホンダの偉大なるデビューとともにパチューカはヴェラクルスを4-1で下す」との見出しでレポート。「日本人選手は30分程度のフィールド滞在時間で、彼の格を示し、美しいショットで4点目を決める」と絶賛した。

負傷箇所の完治を待った本田だが、パチューカサポーターを待たせた甲斐のある最高のデビュー戦となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衝撃ゴールに反応...リーガ公式、ツイッターに柴崎岳のある画像を投稿
レスター岡崎が1ゴール1アシストの活躍 監督が絶賛「貢献度とインパクトを証明した」
香川真司をHSV戦先発起用か。無敗継続中ドルト、指揮官は中盤のローテーション示唆
柴崎岳、芸術弾でメッシ超える高評価「テア・シュテーゲンの無失点記録を破る」
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加