【Rei ライヴレポート】『Reiny Friday -Rei & Friends- Vol.7』2017年10月6日 at shibuya duo MUSIC EXCHANGE

【Rei ライヴレポート】『Reiny Friday -Rei & Friends- Vol.7』2017年10月6日 at shibuya duo MUSIC EXCHANGE

  • OKMusic
  • 更新日:2017/10/17

Friends:和田唱(TRICERATOPS)

No image

(okmusic)

Friends:和田唱(TRICERATOPS)

ルーツ音楽に根差した楽曲のみならず、ポップソングも書けるシンガーソングライターであり、パフォーマンスではリズム隊を従えたバンド編成でのエネルギッシュな演奏の一方で、アコースティックギターの弾き語りもこなす。その魅力が存分に発揮された『Reiny Friday』は、さらなる注目度アップが期待されている24歳のシンガーソングライター/ギタリスト、Reiが音楽仲間を迎える自主企画イベント。第7回は彼女が尊敬してやまないTRICERATOPSの和田唱との共演が実現。“スペシャルゲスト!”と紹介され、The Beatlesのカバー「Birthday」から演奏に加わった和田は早速、Reiとギターソロをハモらせると、軽妙なトークを交えながらRei選曲のトライセラナンバー3曲を一緒に披露。和田がピアノを弾いたバラード「if」では“Reiちゃん!”という和田の呼びかけに応え、Reiが原曲にはないギターソロを加え、客席を沸かせた。後半はジャズ、カントリー、ロカビリーといったブルーズにとどまらないバックグラウンドを印象付けると同時に、エネルギッシュなナンバー「OCD」ではマイクの代わりに拡声器を使うブロークンなセンスもアピール。そして、アンコールでは再び和田を迎え、ボ・ディドリーのカバーとオリジナルの「BLACK BANANA」を共演。後者で和田とReiが見せた白熱のギターバトルに観客の歓声がいつまでも止まなかった。

撮影:ハヤシサトル/取材:山口智男

セットリスト

1.Rainy Monday Blues

2.MOSHI MOSHI

3.JUMP

4.Love Sick

5.Birthday(The Beatlesカバー)

6.Shout!

7.if

8.Raspberry

9.Tōfu Blues

10.POTATO

11.Tumblin’

12.my mama

13.Route 246

14.OCD

15.COCOA

<ENCORE>

1.Before You Accuse Me(Bo diddleyカバー)

2.BLACK BANANA

No image

(okmusic)

No image

(okmusic)

No image

(okmusic)

No image

(okmusic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
超特急、SKE48、TWICE、SPYAIRらが本気仮装!雨の「T-SPOOK」盛況で幕
“ライブ中止”の浜崎あゆみ、グッズ売り場でファンとの交流 神対応が話題に
秋元康プロデュース『ラストアイドル』より、“暫定メンバー”および“セカンドユニット”が初のイベント出演
ラストアイドルファミリー2ユニットがお台場で初パフォーマンス
MIYAVIのギターで三浦大知が超絶ダンス 三池崇史監督絶賛「本物×本物」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加