次世代ステルス戦闘機「殲−20」、中国空軍の作戦部隊に配備―中国メディア

次世代ステルス戦闘機「殲−20」、中国空軍の作戦部隊に配備―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/02/13
No image

次世代ステルス戦闘機「殲−20」、中国空軍の作戦部隊に配備―中国メディア

中国空軍の申進科報道官は9日、中国が独自開発した次世代ステルス戦闘機「殲−20」について、作戦部隊への配備を始め、作戦能力の全面的な構築に向けて重要な一歩を踏み出したと発表した。写真は殲−20。

中国空軍公式微博(ウェイボー)によると、中国空軍の申進科(シェン・ジンカー)報道官は9日、中国が独自開発した次世代ステルス戦闘機「殲−20」について、作戦部隊への配備を始め、作戦能力の全面的な構築に向けて重要な一歩を踏み出したと発表した。中国新聞網が伝えた。

「殲−20」は実戦訓練を段階的に展開していき、パイロットの着実な育成を進め、空軍対抗演習「紅剣−2017」で重要な役割を発揮し、空軍が新たな質の作戦能力を高める基礎となる。

申進科報道官は、「空軍は全領土において近代化された戦略的な軍種という目標に向けて邁進しており、有効な態勢を作り上げ、危機を管理・コントロールし、戦争を抑止し、戦争に打ち勝つ重要な部隊となる。殲−20の配備は空軍の総合作戦能力をさらに高め、空軍が国の主権と安全、完全な領土を守るという神聖な使命をよりしっかりと担うための助けとなる」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国で宅配ピザを注文した外国人記者がびっくり「なぜこんな写真が?」=韓国ネット「誤解して当然」「最低限のマナーは守って...」
ハングルで「日本外務省」と検索したら...?結果に韓国ネットもびっくり
軽自動車は精密で可愛らしい「小動物」みたい! しかも日本では「メンツは潰れない」=中国
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
韓国美人はなぜ同じ顔?整形大国のルーツを高須院長が明かす

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加