【武蔵野S】インカンテーション重賞連勝 皇成は待望の復帰後初重賞V

【武蔵野S】インカンテーション重賞連勝 皇成は待望の復帰後初重賞V

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

好位から抜け出すインカンテーション(右)。左はサンライズソア

「武蔵野S・G3」(11日、東京)

三浦皇成が最高の笑顔を見せた。昨年8月14日の札幌競馬で落馬し、骨盤など複数の骨折に見舞われる重傷。騎手生命が危ぶまれる地獄を味わった鞍上が、渇望していた重賞を7歳馬インカンテーションとのコンビで勝ち取った。

好発から道中は2番手をキープ。逃げたベストウォーリアを直線でかわすと、最後はサンライズソアの猛追を半馬身差振り切った。

三浦は全くのテン乗りだったが、返し馬で「状態の良さが伝わってきた」と感じ取り、強気の競馬に出て勝利を呼び込んだ。「ペースが落ち着き、4角から動いていいと思った。ヨーイドンの競馬でよく踏ん張ってくれた」と相棒をたたえた。自身についても「復帰後、いい時も悪い時もあった。でも、そういう世界に戻れたんだから。そのなかで重賞を勝てたから弾みがつく」と、競馬の神様の祝福に感慨深げだ。

インカンテーションも昨年、腸骨(骨盤)骨折で長期休養を強いられながら、白山大賞典に続く重賞連勝を達成。羽月師は「7歳でも老けていません。きょうは人も馬も正攻法で、理想以上の競馬をしてくれました」と、さらなる活躍を期待する。次走については未定だが、大ケガからの完全復活をアピールした人馬が、G1戦線でも躍動するシーンが見られそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
白鵬にベテラン実況アナ「あってはならない」 ツイッター上では「毅然としていたのは藤井アナだけ」
男心をくすぐる「一度でいいから抱きたい」と思う女性の特徴
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
日本を襲う危機。「北朝鮮」が戦争に走れないたったひとつの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加