熊ゴロー組が30分超の死闘制しV 熊ゴローはW-1王者・芦野に挑戦へ

熊ゴロー組が30分超の死闘制しV 熊ゴローはW-1王者・芦野に挑戦へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

稲葉大樹と黒潮”イケメン”二郎にアルゼンチンバックブリーカーをきめる熊ゴロー(左)と土肥孝司

「プロレス・WRESTLE-1」(11日、後楽園ホール)

WRESTLE-1初のタッグリーグ戦は土肥孝司、熊ゴロー組が優勝を果たした。黒潮“イケメン”二郎、稲葉大樹との決戦は30分超の死闘となり、最後は熊ゴローのダイビングセントーンのアシストを受けた土肥が稲葉を垂直落下式脳天砕きで粉砕。優勝した2人には副賞のWRESTLE-1のシングルとタッグの挑戦権利証が与えられた。

試合後は熊ゴローがシングル挑戦を土下座で懇願し、土肥が承諾。「オレは(同王者の)芦野が気に入らねえ。やってやるぞ」と絶叫し、11月5日の後楽園ホール大会で挑戦することが決まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エンダム、婚約者同伴だ!来年3カ所で結婚式/BOX
村田諒太が勝つためには「考えないこと」が必要なのかもしれない
内山を引退へ追い込んだコラレスが王座剥奪 なんと1・8キロオーバー
エンダムは婚約者同伴「サポートある」来年挙式
村田諒太は前日計量でリミット「完全決着になる」、エンダムは600グラムアンダー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加