人間によるSiriの会話分析停止でアイルランド企業が300人以上を解雇か

人間によるSiriの会話分析停止でアイルランド企業が300人以上を解雇か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/08/24
No image

アイルランド・コーク市を拠点とするGlobetechでは、契約社員が1回のシフトにつき1,000以上のSiriとユーザーの会話を分析するよう指示されていたことがわかりました。Appleが会話分析を終了したのに伴い、契約社員も突如解雇されたようです。

契約社員を解雇

AppleはユーザーとSiriとの会話の一部を世界各地の委託業者に送り、音声認識の精度向上に役立てていたと報じられた直後、会話分析の停止を発表しました。

Irish Examinerによると、Globetechでは300人以上が「データアナリスト」として、録音されたSiriの会話分析にあたっていましたが、8月中頃に突如契約終了を通告された模様です。ただしAppleおよびGlobetechは解雇した契約社員の人数を公表していません。

1回のシフトで1,000以上のSiri録音を解析

Globetechの元契約社員らは、1回のシフトにつき1,000以上のSiriの録音を聴くよう指示されていたと話しています。1つの録音は数秒程度の長さで、中には個人情報が含まれているものもあったものの、ほとんどがSiriに対する命令だったとのことです。

録音したユーザーの情報は分析にあたる社員たちには伏せられていたものの、人間が会話分析を行っていることをAppleがユーザーに伝えていない件について「プライバシー侵害を懸念していた」と元契約社員はIrish Examinerに語っています。

Appleは、現在は人間による評価を停止、今後は同意したユーザーの音声のみを評価すると発表しています。

Source:Irish Examinervia9to5Mac
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アップルiOS 13、新機能「ダークモード」を使う方法
iPhone 11 Pro Max分解レポ、早速公開。やはり搭載RAMは4GB
iPhone 11への乗り換え、事前バックアップは不要ってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
Apple Watch Series 5はチタンになったことで時計に近づいた。けれど、それは─
アップル「iPhone 11」と「iPhone XR」を並べて見た
  • このエントリーをはてなブックマークに追加