「1点の壁が10点にも20点にも思える」―ロッテ伊東監督、連敗で嘆き節

「1点の壁が10点にも20点にも思える」―ロッテ伊東監督、連敗で嘆き節

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/11
No image

ロッテ・伊東勤監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

前夜に続いて救援陣に抑え込まれる、「サファテが出てくる前に何とかと思ったが…」

またしてもロッテはソフトバンク戦で「1点の壁」に跳ね返された。

10日の試合。先発の唐川が初回に柳田に先制3ランを浴びたが、3回に角中が4試合連続適時打となる右翼線適時三塁打を放ち、1点差に詰め寄った。今季3試合全敗で、過去7試合で一度も勝てていなかった苦手東浜をとらえた。

しかし、直後の4回に唐川はまた3失点で4点差に。それでも打線は食らいつき、5回に荻野貴の2号2ラン、6回には「カットボールが甘く入ってきたのでしっかり捉えることができた」と、ペーニャが東浜から5点目の左前適時打を放ち、1点差とした。

ただ、8回から登板のモイネロ、サファテの鉄板リレーの前に三振の山で3者凡退を繰り返し、前夜と同じパターンで敗戦。「1点の壁が10点にも20点にも思える。サファテが出てくる前に何とかと思ったが、その壁が厚い」と伊東監督。11日からは西武との3連戦で酒居が先陣を切る。指揮官は「振り回してくるし、逃げたらやられる。(酒居は)この前の(楽天戦で)いいイメージをもって投げられると思うので、それに期待したい」とルーキーに託した。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神投手陣非常事態...ドリスが体調不良で欠場、緊急降板の小野は抹消も
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
DeNA、プロ野球史上初の3連発サヨナラ勝ち
23日の予告先発 ホークス石川VS西武岡本、楽天美馬は初2桁勝利にを王手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加