最新ランキングをチェックしよう
13年後、日本人も月面に!? 月探査ブーム再来の理由

13年後、日本人も月面に!? 月探査ブーム再来の理由

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/08/12

日本のチーム「HAKUTO」が開発した月面探査車「SORATO」 (c)朝日新聞社

 月は、地球にいちばん近くて、身近な天体だ。今、その月に、世界各国が競って行こうとしているって知っているだろうか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、大阪大学准教授・佐伯和人さん監修の解説を紹介しよう。*  *  * 

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界初の快挙!東大が「割れてもすぐ元に戻るガラス」を開発
なぜ300億円以上の天体望遠鏡を宇宙に置くのか
【衝撃】火星に砲弾が落ちていることが判明! NASA探査機が激写、専門家断言「火星文明を絶滅させた大戦争の痕跡」
精子に抗がん剤をがん腫瘍まで運ばせることに成功
割れても常温で元通り!日本が開発した夢のようなガラスに韓国ネットも注目=「日本の技術力は世界一」「スマホの液晶画面を作って」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加