最新ランキングをチェックしよう
13年後、日本人も月面に!? 月探査ブーム再来の理由

13年後、日本人も月面に!? 月探査ブーム再来の理由

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/08/12

日本のチーム「HAKUTO」が開発した月面探査車「SORATO」 (c)朝日新聞社

 月は、地球にいちばん近くて、身近な天体だ。今、その月に、世界各国が競って行こうとしているって知っているだろうか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、大阪大学准教授・佐伯和人さん監修の解説を紹介しよう。*  *  * 

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ノーベル物理学賞:重力波天文学時代がついに幕開け
経営・経済学の世界大学/大学院ランキング 上位は英米が独占
火星は軽く、深く、そしてムラがあった
Googleマップで行ける宇宙空間の範囲が拡大! 土星の衛星まで探索できるように
ハンドスピナーは無重力下でどう回るかNASAが実験→宇宙飛行士がノリノリで一緒に回る楽しげな動画に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加