最新ランキングをチェックしよう
芦田愛菜、小説執筆挑戦も“起承転結”うまく行かず断念 幻の一冊は冒険物で「全然、面白くない」

芦田愛菜、小説執筆挑戦も“起承転結”うまく行かず断念 幻の一冊は冒険物で「全然、面白くない」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2019/07/18

自身初の単行本『まなの本棚』の発売記念会見に出席した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.

 女優の芦田愛菜(15)が自身初の単行本『まなの本棚』を刊行し、このほど発売記念会見に出席。年間100冊以上読破し自ら「活字中毒」であると明かした芦田だったが、自身で小説の物語を作るのは苦手だと話した。
【全身写真】大きなパネルとともに笑顔を見せる芦田愛菜
 カラテカの矢部太郎、ピースの又吉直樹

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法
いきなり!ステーキ「お客様のご来店が減少しております」 社長直筆の「お願い」全店掲出へ
神田沙也加 不満があった「夫の収入面」と村田充の母が離婚について語ったこと
内村光良の発言が関係?「米津玄師が紅白を断った疑惑」が物議!
櫻井翔、「今年最も怒りをコントロールした人」1位に 会見で冷静沈着
  • このエントリーをはてなブックマークに追加