ソフトバンク飯田「開きがあった」400万減を保留

ソフトバンク飯田「開きがあった」400万減を保留

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

契約更改で大幅ダウン提示され保留した飯田優也(撮影・梅根麻紀)

ソフトバンク飯田優也投手(26)が1日、ヤフオクドーム内にある球団事務所で契約交渉に臨み400万円ダウンとなる年俸2100万円の提示を受け、保留した。

「自分が思っていたよりも(提示額に)開きがあった。想像以上です」と、飯田は口をとがらせた。プロ4年目の今季は30試合に登板し、1勝0敗、防御率3・29だった。

この日からソフトバンクは主力級の契約交渉がスタート。飯田が保留者1号となった。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日打撃投手転身の久本、落合GMから熱い電話「お前だから電話しているんだぞ」
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
ただの会議じゃない「ウインターミーティング」
日本ハム・中田、大谷に本塁打数抜かれたら4番降格直訴していた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加