最新ランキングをチェックしよう
「どうしても“母”になりたい...」卵子凍結に揺れる女たち

「どうしても“母”になりたい...」卵子凍結に揺れる女たち

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/04/16

晩婚化が進み、加齢とともに卵子の質が低下して妊娠が難しくなる「老化」の問題に悩む女性が増えてきた。出産のタイムリミットに揺れる女性や医師たちの姿を取材した。
生理のたびに「また卵子が減った」
2016年12月25日、世間がクリスマスムードに染まる日曜日の夜。当時39歳だった独身の森田久美は大阪市の産婦人科に向かっていた。卵子を凍結保存するための手術を2日後に控え、排卵を促す注射を打ちに行く。注射は

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デートの「お会計問題」解決策
「子どもが欲しい」と口をそろえる40〜60代の婚活男性たちに言いたい!
浮気をしたカップルの末路
マイナビウーマン
男性が「かわいい。俺って彼女のこういうところが好きになったんだよな」としみじみ感じる瞬間
彼女の「彼氏のこと、好き好き!」感に男性が「俺も、彼女好き好き!」となる瞬間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加