「やっと寝た 子どもの横で ハックション」~寝かしつけでのパパのNG行動編~【ダメパパ川柳連載 第36回】

「やっと寝た 子どもの横で ハックション」~寝かしつけでのパパのNG行動編~【ダメパパ川柳連載 第36回】

  • It Mama
  • 更新日:2016/10/18
No image

育児や子育てに対するパパのちょっぴりダメな部分を、自身も1児の娘のパパである筆者の体験談も交えながら川柳で紹介する連載『ダメパパ川柳』。

前回は「困ったら いつも子どもを 菓子で釣る」をお届しましたが、第36回の今回は、寝かしつけしている際のパパのNG行動を詠んでみました。

これをされたら、ママは許せないほど本気で腹が立ってしまうのではないでしょうか。

No image

山田 周平

作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

第36回目の「ダメパパ川柳」は…

『やっと寝た 子どもの横で ハックション』

◆登場人物◆

No image

illustrated by It Mama

「寝かしつけ」は子育ての中でも一番大変!

寝かしつけって、子育ての中でも一番大変なものと言っても過言ではないですよね。

すんなり寝てくれればいいですが、グズってなかなか寝てくれず、時間ばかりかかってしまうと、さすがにママもイライラもしてしまうでしょう。

それだけ大変だからこそ、寝かしつけを邪魔されたりしたら、怒りが爆発しそうになってしまうこともありますよね。

僕も妻が娘(えっちゃん)の寝かしつけを終えた瞬間に、大きな“くしゃみ”をしてしまい、妻に大激怒されてしまったことがあります。

「えっちゃんがやっと寝たところなんだから、大きな声を出さないでよ!」

そう怒鳴る妻の顔は、本当に怒りに満ちているようでした。

あまりの怒りに、その顔はまるで魔王のようになっていました。

まさに、「ハクション大魔王」でしたね……。

「寝顔」を見に行って起こさないでほしい

“くしゃみ”だけに限らず、咳払いや足音、物音などにも気をつけないと、子どもを起こしてしまう可能性はあります。

仕事から帰ってきて、どうしても顔が見たいからと、寝ている子どもの顔を寝室にのぞきに行ったりするパパも多いでしょう。

そのときに、子どもの顔に触れたりして起こしてしまうのもよくあること。

子どもの顔が見たいというパパの気持ちはわかりますが、起こさないように注意する配慮だけは絶対に持っておくべきです。

やっと寝かしつけに成功した子どもを起こされてしまったときのママの脱力感は想像以上に大きいということを、パパにはちゃんと理解しておいてほしいものですよね。

パパにも「寝かしつけ」を体験させるべき

仕事が早く終わった日や休みの日などには、パパにも寝かしつけを経験してもらうことが大事かもしれません。

寝かしつけは、実際に自分で体験してみないと、なかなかその大変さがわからないものです。

僕も、自分で何度か体験してみて、「毎日これをやるのはかなり大変だな……」と初めて実感しました。

大変さがわかれば、パパも「起こさないようにしよう!」と自然と行動に気を遣うようにもなるはずですよ。

次回の『ダメパパ川柳』のテーマは、「子どもと遊びに行った際のパパのダメ行動編」です。お楽しみに!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
貴方の職場にも必ずいる!『二流すぎるアホ上司』の3大特徴はこれだ!
【嘘だろ】この美女に「衝撃的な真実」が隠されていると話題に!信じられない
道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加