脳波で外骨格を操作するロボットスーツの着用実験で四肢麻痺患者が手足を動かすことに成功

脳波で外骨格を操作するロボットスーツの着用実験で四肢麻痺患者が手足を動かすことに成功

  • @DIME
  • 更新日:2019/10/21

脳波で操作する「外骨格スーツ」の実験に成功
脳波で全身の「外骨格」を操作するロボットスーツを着用することで、四肢麻痺患者が再び手足を動かせるようになったという研究結果を、フランスの研究チームが「Lancet Neurology」10月3日号に発表した。
このプロジェクトは、フランスの生物医学研究センター、クリナテックとグルノーブル大学が共同で行ったもの。
プロジェクトのチーフを務めたGuillau

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加