誰が言ったか。たい焼きには天然物と養殖物があるらしい

誰が言ったか。たい焼きには天然物と養殖物があるらしい

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2017/11/21
No image

寒くなってくると食べたくなるアツアツの「たい焼き」ですが、実は「天然物」と「養殖物」の2種類あることをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では著者の須田將昭さんが、それぞれの違いとその美味しさを紹介しています。

天然物と養殖物の違い

以前のメルマガの後書きに、たい焼きには「天然物」と「養殖物」がある、というお話を書きました。とあるたい焼き屋さんの看板に「天然物」と書かれていて、ずっと気になっていたのでした。

そしてなんという偶然か、メルマガの原稿を書いた次の日、そのたい焼き屋さんを目にすることに。試してみないといけません。何が違うか確認しないといけません。

そのたい焼き屋さんの説明では、たい焼きの調理具の違いに基づくとのこと。鉄板にタイの型で凹みがあって、それがたくさん並んでいるタイプ。これを「養殖物」と呼びます。

一方、一匹、一匹、丁寧に焼く「一丁もの」の調理具を使うのが「天然物」だそうです。一丁ものの鉄板だと、皮が薄くパリッと仕上がり、美味しさも段違い…だとか。確かに「養殖物」のたい焼きは、皮が分厚く柔らかいのですが、「天然物」は、薄くパリッとしていて、アンコのホクホクさがさらによく伝わるように思いました。

「天然物」は「養殖物」よりも手間がかかる分、お商売としての「効率」を考えたら「養殖物」が有利ですが、「味」にこだわれば「天然物」というお店もあるようです。そこはお好み、ですね。皮が分厚いので、アンコ以外にも他の「変わり種」が楽しめるのは「養殖物」の利点でもあります。

たい焼きは、焼き方以外にも、頭から食べるか、尻尾から食べるか? という永遠のテーマもありますし、人によっては、2枚におろして(皮を半分に割いて)食べるという、「食べ方」も人それぞれ。

なんでもない「たい焼き」にも、探ればいろいろ深いところがありそうです。とりあえず、天然物と養殖物、一度お試しください。

image by:Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1,000円で楽しみ尽くせ!渋谷、恵比寿で「せんべろ」できるお店10選
"日本一"のラーメン店が100円下げた理由
クリスマスパーティにバッチリな『パレスホテル東京』のローストチキン♡ 和風シュトーレンにもご注目!【12/21(木)まで予約受付中】
ジャンク飯ファンの市川紗椰が注目する「ローソンストアが起こした“おにぎり革命”の行く末」
マクドナルドを凌駕するフィリピンファストフード王者『ジョリビー』ー2018年に日本初上陸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加