7番人気リコーワルサーが抜け出し快勝/鎌倉記念・川崎

7番人気リコーワルサーが抜け出し快勝/鎌倉記念・川崎

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/10/11
No image

森泰斗騎手騎乗のリコーワルサーが勝利(撮影:武田明彦)

11日、川崎競馬場で行われた第16回鎌倉記念(2歳・ダ1500m・1着賞金1200万円)は、スタート一息も道中ポジションを上げていった森泰斗騎手騎乗の7番人気リコーワルサー(牡2、大井・荒山勝徳厩舎)が、3コーナーで前に並びかけて直線抜け出し、2着の2番人気マッドドッグ(牡2、北海道・林和弘厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒4(稍重)。

さらにアタマ差の3着に5番人気ゴールドパテック(牝2、川崎・岩本洋厩舎)が入った。なお、3番人気モリノラスボス(牡2、北海道・桑原義光厩舎)は5着、1番人気シェーンリート(牝2、浦和・小久保智厩舎)は10着に終わった。

勝ったリコーワルサーは、父ブラックタイド、母エトワールステージ、その父デヒアという血統で、これが重賞初制覇。

【勝ち馬プロフィール】
◆リコーワルサー(牡2)
騎手:森泰斗
厩舎:大井・荒山勝徳
父:ブラックタイド
母:エトワールステージ
母父:デヒア
馬主:土橋正雄
生産者:レースホース牧場
通算成績:3戦2勝(重賞1勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
台風21号の接近が早くなりました
“必死すぎる猫” を撮らせたら右に出る者ナシ! 売り切れ続出、話題の写真集『必死すぎるネコ』の写真家・沖昌之さんに話を聞いてみた
清水良太郎、「キメセク常習疑惑」「電マ性癖」醜態の数々――風俗嬢の暴露で「復帰はアウト」
ビートたけしが「唯一勝てないと思った芸人」を激白 ファンからも納得の声
ざわちんの生放送出演に「SNSと顔が違いすぎる」と騒然 加工の影響?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加