アラン・ドロン83歳、名誉パルムドール受賞に涙【第72回カンヌ国際映画祭】

アラン・ドロン83歳、名誉パルムドール受賞に涙【第72回カンヌ国際映画祭】

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2019/05/26
No image

名誉パルムドールを受賞したアラン・ドロン - Eamonn M. McCormack / Getty Images

フランスの俳優アラン・ドロン(83)が第72回カンヌ国際映画祭で名誉パルムドールを受賞し、感極まって涙を見せた。

太陽がいっぱい』『若者のすべて』『山猫』『サムライ』をはじめとした数々の映画に出演して“世界一の美男子”として絶大な人気を博したアランは、60年にわたるキャリアを誇る。授賞式では鳴りやまぬ拍手にあふれる涙をぬぐい、「もしわたしがスターならば、皆さんに感謝したい。他の誰でもなく、皆さんがわたしをスターにしてくれた」と感謝のスピーチをした。トロフィーは娘のアヌーシュカ・ドロンから渡された。(編集部・市川遥)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
X-MEN最新作の興行不振、監督「僕の責任」
ホラー映画の金字塔『ゾンビ』 幻の“日本公開版”を蘇らせるクラウドファンディング実施 主演俳優来日のチャンスも[ホラー通信]
6月18日の注目映画第1位は『永遠に僕のもの』
【オリコン上半期】『ボヘミアン・ラプソディ』が上半期BD1位 洋画が2年連続制覇
アクションで語る男 岡田准一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加