トラ柄猫の魅力!柄によって違う種類や性格について

トラ柄猫の魅力!柄によって違う種類や性格について

  • ねこちゃんホンポ
  • 更新日:2017/08/16

トラ柄猫の起源

No image

トラ柄の猫たちは、古来より日本人に長く親しまれてきた「日本猫」と呼ばれる猫の一種です。その中でも、エジプトで発見された猫のミイラは柄が全てキジトラだった事等から、本来猫はリビアヤマネコの柄を引き継いだ、キジトラ一種だったのではないかとも言われています。古くから人間と共存してきた猫の中でも、トラ柄の猫は歴史が古いとされています。

トラ柄猫の種類

No image

猫のトラ柄は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

キジトラ

猫のルーツだと言われる事もあるキジトラは、主に茶色ベースに黒の縞模様がある毛柄が特徴です。個体差はあるものの、鼻が茶色でお腹にも縞模様があります。色の配分によって、キジトラ白、キジトラ黒等と呼ばれる毛色もあります。キジトラの「キジ」とは、鳥の雌キジの柄に似ている為付けられたそうです。

サバトラ

キジトラとよく似ていますが、鮮やかなグレーやシルバーの毛に黒の縞模様が入っている毛柄をサバトラと呼びます。サバトラも、色の配分によりサバトラ白や、白い毛色に部分的にサバ柄が入っている場合はギンシロウと呼ばれる事もあります。サバトラは名前の通り、魚のサバのような柄という事からサバトラという名前が付けられたと言われています。

茶トラ

茶トラとは、全身にオレンジの縞模様が入った毛柄を指します。鼻や肉球はピンク色をしている事が多く、茶トラも、色の配分によって茶白、白茶、白い部分がない柄はまるどらと呼ばれる事があります。茶トラは全体の80%がオスであるとされ、その中でもまるどらと呼ばれる柄は95%がオスだそうです。

トラ柄猫の性格

No image

よく似ているトラ柄でも、種類によって性格が大きく変わります。

キジトラの性格

キジトラは猫の中でも先祖に近い存在だと言われており、野性的で警戒心が強い猫が多く見られます。ただし、心を許した相手にはとても甘えん坊な一面もありますので、時間を掛けて距離を縮める事が必要です。野性的である事から、活発で運動量が多い事も特徴ですね。

サバトラの性格

サバトラの性格は極端に分かれると言われています。臆病で気難しい性格と、友好的で温厚な性格の2つです。これは、サバトラの柄に関係にしていると言われており、キジトラ等と比べてグレーの毛色は目立つ事から、自ら身を守る為に警戒心が強くなったとされるのが前者で、人間に身を守ってもらおうと考えたのが後者だと言われています。

茶トラの性格

日本一人気がある猫とも言われている茶トラは、活発で友好的、食いしん坊で甘えん坊、また警戒心が薄い事が特徴です。少しどんくさい一面もあり、その愛嬌からスター猫として人気のある茶トラ猫も多いですよね。比較的、異種の動物とも仲良くできる傾向があり、多頭飼いにも向いています。

もちろん、上記に当てはまらない性格の猫もいます。猫にもそれぞれ個性があり、育ってきた環境や血縁等で性格は様々です。ただ、上記で紹介した猫たちは、古くから人間と共に生きてきたとされる種類ですので、比較的仲良くなりやすい種類と言えますね。

まとめ

No image

私自身、茶トラの女の子と暮らしていますが、上記にあった茶トラの性格はよく当てはまっていると思います。天真爛漫で甘えん坊、食いしん坊で、来客があってもマイペースに過ごします。上記では、種類別の性格をご紹介しましたが、もちろんその中でも個性があります。ただ、どの猫も共通して、飼い主の愛情が伝われば甘えん坊になる要素は十分にあるという事ですね。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

猫アレルギーの薬は市販で買える?

*********************

■ねこちゃんホンポ

ねこちゃんホンポは、愛猫との生活をより豊かにするために作られた情報サイトです。「猫」に関わる幅広いテーマを展開しており、初心者の飼い主さんからベテランのキャットオーナーさまにも役立つような情報を発信しています。

<ライター情報>
ayano

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
保護された灰色子猫...洗ったところキレイな三毛猫ちゃんに♪
天使のような愛らしさ!ベッドでお休み中の子猫ちゃん♪
誰かいる!自分の他にもう一匹の猫を発見!
「このお野菜いただきニャッ!」 見つけたキュウリに思いっきりかじりつく猫ちゃんの表情に和む
ハロウィンだニャ...ネコのための食器 猫壱ハッピーダイニングシリーズに、「限定HALLOWEEN柄」登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加