“崇高な点取り屋”アグエロ――現地でのリアルな評価とマンC内での地位は?

“崇高な点取り屋”アグエロ――現地でのリアルな評価とマンC内での地位は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/13
No image

ペップ(右)はアグエロ(左)を事あるごとに称え、モチベーションを保ち続けている。 (C) Getty Images

No image

レスター戦で怒涛のゴールラッシュを見せたアグエロ。その嗅覚は、いまだ鈍っていない。 (C) Getty Images

マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロに対する評価は、これ以上は上がりようのないほど高まっている。

後半だけで4ゴールを決めたプレミアリーグ27節のレスター戦(5-1)後には、「驚異的」(『BBC』実況)、「別格」(BBC解説者ディオン・ダブリン)、「崇高」(『Telegraph』紙)といった絶賛の言葉が国内メディアで飛び交った。

例年通りリーグ得点王を争うアグエロの今シーズンのゴール数は、同節終了時点で21。まだ序盤戦だった9月の時点で、プレミアリーグ史に名を刻むCFの一人であるアラン・シアラーは、「30ゴールは固い」とアグエロを評価していた。

クラブ歴代得点王として君臨する29歳は、これでプレミアリーグでは4シーズン連続となる20得点の大台を達成。1試合4ゴールが通算3度目なら、ハットトリック達成は実に12回目を数える。

しかも、英メディアから「パーフェクト」と称され、ヘディング、右足、左足で決めたニューカッスル戦(プレミア24節)でのハットトリックから、まだ1か月と経っていなかった。

ピッチ上でのプレースタイル、天候、そして私生活でのライフスタイルなど、イングランドに馴染めずに終わることが少なくない南米出身選手たちの中で、在籍7年目のシティでゴールを量産している事実が、アルゼンチン代表ストライカーに対する好感を高めてきたとも言える。

レスター戦で叩き込んだ4ゴールも、BBCラジオの実況担当者が「この男にはボックス内で不可能などないのか?!」と感嘆の声を上げたほどのクオリティー。まさに、「アグエロ印」満載のゴールラッシュとなった。

簡単なタップインに見える1点目も、CBハリー・マグワイアの死角をついたポジショニングで、確実にチャンスをモノにするクレバーな動きがあればこそ。ケビン・デ・ブルイネからのパスをペナルティーエリア内で受けて決めた2点目は、瞬時にコースを見極め、守護神キャスパー・シュマイケルの脇の下を撃ち抜いた。

シュマイケルのミスキックに乗じた3点目にしても、絶妙なチップキックでクールにフィニッシュしている。そして、ハットトリック後も貪欲に狙い続けた結果の賜物と言うべき4点目は、アグエロにしては珍しい、ペナルティーエリア外からの一撃だった。 今シーズンのアグエロに対する英国内での大きな反応には、「見納めが近い」という感情も含まれているように感じられる。

20歳のブラジル人FWガブリエウ・ジェズスが昨年12月に大怪我に見舞われていなければ、フル出場が続く後半戦の起用はおそらくなかった。

6年前のプレミアリーグ初優勝当時には「不可欠」とされ、就任2年目のジョゼップ・グアルディオラも「クラブの真のレジェンドだ」と認めるアグエロをベンチに据えることも少なくなかった前半戦から、マンチェスター・Cは首位を独走し続けていた。

そのクラブ内での地位の変遷における象徴が、レスター戦で超秀逸な3アシストを記録し、4ゴールのアグエロを抑えてマン・オブ・ザ・マッチに輝いたデ・ブルイネの存在だ。

毎週のように評価を高め続ける26歳のプレーメーカーは、レスター戦後にハットトリック達成者に贈られる試合球をアグエロから奪う悪戯で笑いを誘ったが、シティのタイトル獲得に“不可欠”な主役としての座を奪う日も、そう遠くはないだろう。

現行契約が2019年6月までとなっているアグエロが、「監督とフロントの意向次第」という契約延長を実現できなければ、今夏にも“心のクラブ”でもある故郷のインディペンディエンテなどへと去ってしまう可能性もある。

プレミアリーガーにとって最高の栄誉とも言うべきPFA(プロサッカー選手協会)の投票による年間最優秀選手賞は、デ・ブルイネの受賞が濃厚視されているが、PFAの年間ベストイレブンには、アグエロも選ばれて然るべきだろう。

実のところアグエロは、PFAベストイレブンに一度も選ばれたことがない。これは手厳しい英国メディアにワールドクラスの実力者と認められて久しい、アルゼンチン人FWをめぐる唯一にして最大の謎である。はたして、今シーズンはどうなるだろうか……。

文●山中忍

【著者プロフィール】
やまなか・しのぶ/1966年生まれ、青山学院大学卒。94年渡欧。イングランドのサッカー文化に魅せられ、ライター&通訳・翻訳家として、プレミアリーグとイングランド代表から下部リーグとユースまで、本場のサッカーシーンを追う。西ロンドン在住で、ファンでもあるチェルシーの事情に明るい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
香川真司不在のドルトムントが公式戦4連勝。監督交代から無敗を維持
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
NBAスター選手が決死の暴露「スポーツは大衆支配のためのツール」! 米国の絶対タブー、社会を操る“闇のシステム”の全貌とは!?
平昌五輪、韓国人選手の対戦相手のSNSに韓国人が誹謗中傷攻撃...IOCが異例の呼びかけ
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加