稀勢、靖国神社で初めて土俵入り披露 夏場所での復活へ意欲

稀勢、靖国神社で初めて土俵入り披露 夏場所での復活へ意欲

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

大相撲の春巡業は16日、東京都千代田区の靖国神社で奉納相撲が行われ、6場所連続休場中の横綱・稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)が同相撲場で初めて横綱土俵入りに臨んだ。昨年は新横綱だった春場所で左大胸筋などを負傷し、春巡業を全休。「また新しい気持ちでやった」と約7000人の前で力強い雲龍型を披露した。

No image

大勢の観客を前に土俵入りを披露する稀勢の里

夏場所(5月13日初日、両国国技館)での復活に向けて「しっかり稽古をしていきたい」と前向きで、早ければ18日の千葉県柏市での興行から幕内力士との稽古を始める見通しだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢 地元沸かせた、稽古で竜電圧倒 左力強く「良くなった」
白鵬春巡業に再合流、父葬儀と発熱離脱で協会に感謝
稀勢の里、地元茨城で歓声浴び春巡業「いい相撲を」
大相撲「暗黙の掟」仰天リスト
相撲協会「土俵と女性」28日に臨時理事会を開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加