『サンデー・ジャポン』宮迫の不倫騒動に武井壮「本人が言うなら一線を越えてない」と擁護発言

『サンデー・ジャポン』宮迫の不倫騒動に武井壮「本人が言うなら一線を越えてない」と擁護発言

  • しらべぇ
  • 更新日:2017/08/13
No image

連日の報道で物議を醸している、雨上がり決死隊・宮迫博之の二股不倫騒動が、13日に放送されたTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』でも取り上げられ、激論を繰り広げた。

■不倫は未遂だった?

宮迫の二股不倫騒動。二人の女性は知り合いだが不倫関係は無かったと否定。しかし、女性2人と計3日間ホテルに宿泊したことは事実であり下心はあったが「このご時世にそれはダメですよね」と断られ、不倫は未遂に終わったようだ。

宮迫の奥さんは「不倫の事実は消せないが、あなたのガン再発や子供の交通事故に比べたら屁でもない」とコメント。

■スタジオでは激論

今回で3回目となる宮迫の不倫騒動に鈴木紗理奈は…

「奥さんが許してるから、宮迫さんが奥さんに謝ればいいと思うけど、絶対黒じゃないですか、私が奥さんならこれだけ証拠があるのに否定するほうが腹が立つ。認めればいい」

と、宮迫を強く批判。一方で男性陣は、「意外と一線を越えないこともある」と反論したが、ホテルに行けば一線を越えてなくてもアウトといった声も。

武井壮も宮迫を擁護する発言をした。

「これだけ厳戒態勢でも撮られるんですね。でも、宮迫さんが越えてないと言っているので、一線は越えてないんじゃないかな? じゃあ、紗理奈さん二人きりになったら必ず抱かれるんですか?」

鈴木は「2人で宿泊したら必ず抱かれます」と返答し、スタジオに笑いを巻き起こした。

■擁護ムードにネットの反応は?

「一線を越えないもあるに男性陣満場一致で笑った」「鈴木紗理奈のコメントが素敵」といった発言がある一方で、またか…という印象も垣間見える。

■芸能人の不倫はバッシング対象?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,342名を対象に、「芸能人の不倫はもっとバッシングされるべきか」調査を実施。

芸能人の不倫はもっとバッシングされるべきだと答えたのは、全体の19.6%だった。

No image

テレビや週刊誌で聞かない日がないほど、相次ぐ芸能人の不倫報道。もっとバッシングされるべきと考えている人は意外にも少数派。

番組では擁護ムードが漂っていたが、今回で3回目になる不倫騒動。宮迫はもっと批判を受けてもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→次々出てくる有名人の「不倫疑惑」 報道はもっとバッシングすべき?

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元AKB48・篠田麻里子がローカル番組落ち......起死回生の“フルヌード”プランとは?
SEXYモデル・誘拐事件に進展 疑惑の目が集まる<クロエ・アイリング>
打ち切り決定の『しくじり先生』、お蔵入りになった真の“しくじりタレント”がいた!
上原多香子の不倫報道をメディアが大きく扱えない理由
浅利陽介、比嘉愛未を隠し撮り!“爆睡中"ショットを公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加