ZMP、遠隔型自動運転システムの公道実証実験を都内で実施へ

ZMP、遠隔型自動運転システムの公道実証実験を都内で実施へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/05
No image

ZMPのRoboCar

もっと画像を見る
ZMPは日本科学未来館(東京都江東区)と協力し、遠隔型自動運転システムの公道実証実験を12月14日、同館周辺の公道で実施する。

ZMPでは、2014年から名古屋市で自動運転の公道実証実験を開始。その後、レーンチェンジや交差点右左折などの機能を開発し、道路幅も狭く路上駐車や交通量も多い東京の文京区やお台場地区にて検証を重ねてきた。

今回、6月に警察庁より発表された「遠隔型自動運転システムの公道実証実験に係る道路使用許可の申請に対する取扱いの基準」に基づき、道路使用許可が得られることを条件として、運転席にドライバーが乗車していない状態で公道実証実験を実施。併せて、日本科学未来館と共同で、無人自動運転による旅客サービスについて市民の声を聞く一般向けイベントを12月23日に開催する。

ZMPは6月、自動走行タクシーの実現に向けて、日の丸交通と協業を開始し、自動運転技術の開発とともにサービスの開発と実証を推進。今回の実証実験で得られた知見を活用し、さらなる技術開発と安全性向上を行い、2020年の無人タクシー実現を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
正社員と非正規社員、給料逆転の可能性も
クリスマスデートで行きたい♡日本全国の人気イルミネーション2017~2018
千円安いしまむらボアコートはユニクロを超えられるか!?
「弱肉強食、一寸先は闇」に突入した車載半導体業界
ソフトバンクを蝕む危機...有利子負債が15兆円に、削減計画が破綻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加