熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!

熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!

  • RBB TODAY
  • 更新日:2018/08/11
No image

熱烈中華食堂日高屋は、日本を征服しようとしている!

もっと画像を見る

「俺思うんだけど、日高屋って日本を征服しようとしてんじゃないのかなあ。だって、こんなにうまくて安くて遅くまでやっていて、こんなにいい店ないもん。そのうちみんな日高屋の奴隷になってしまうんじゃないかなあ。僕はなりかけてます」

などとSNSに書き殴ったら、その日高屋愛(と、そこまで愛してるわけでもないけども)を書け! との指令が飛んだのですが、ネタ的にどーしましょー! みたいなね。だって、日高屋ってまあ、「とりあえずサクッと食うか」的な位置づけでしょ? 行列ができるわけでもないし一蘭みたく観光客が押し寄せるわけでもない。言ってみれば普通。けどね! 俺ァ改めて言うよ! 日高屋サイコー! ナゼかって? この原稿を書くために連続して日高屋に行ったんだけど、やっぱ好きだわ~日高屋。その、ホントに熱烈中華食堂である日高屋の魅力を期間限定のおすすめメニューをガツガツ喰らいながらレポートしますよ……と、なんだか日高屋賛歌みたいになっちゃったのですが、タイアップ記事じゃあねえぜ?

●1日目 チャーハン(税込450円)&半ラーメン(税込200円)

No image

チャーハン(税込450円)と半ラーメン(税込200円)

ごめんね。期間限定の……と言いながら、普段食べられる当たり前のメニューをまずは食べちゃった。ただね、これはもう外せない。だってさ、日高屋のチャーハンもラーメンも、ホントにウマい! なんか、共通して少し、ふんわりと甘い感じがするんだよな~。アレ、なんなんだろ。特にラーメンな。日高屋では「中華そば」っていう名称(余談なのですが、店員さんに「ラーメン」って言うと「はい中華そばですね」って直される。しかし「半」になったとたん「ラーメン」になるとは?)で、見た目はラーメンブーム以前の醤油ラーメンっぽいんだけど、今風に脂的なコクもある。で、スープの塩味の中から、ちょっと濃いコクのある甘みが立ちのぼってくる感じ。スタンダードの凄みみたいなものを感じるよね。

No image

半ラーメン。んー、少し浮いた脂が期待感を煽りますのう。シナチクも実はしっかりしているんですよね。こういう細かいところが日高屋の恐ろしいところだぜ。

あと、チャーハンね。こちらもなんだろう、ラーメンと同じくコクのある旨さ。ただしつこくはない。薄味一歩手前的な。なので、チャーハンを頬張ってラーメンのスープを口に含むとホントちょうどいい。このコラボって、もう何十年も当たり前の組み合わせなんですけれども、この「当たり前」を、上等な部類で実現しているのが日高屋なんだ! 社会人なら分かると思うけど、当たり前ってのは難しいんだぞ!

No image

チャーハンは、ほかの店と同様半球型で出てくるんだけど、それをホクホク~ってほぐすのがいいんですよな~。

ちなみに、セットメニューとしては「中華そば+半チャーハン」(税込630円)があって、こっちのほうが20円お得。

No image

完食! 10分かからないで完食!

●2日目 ごま味噌冷し(税込550円)

No image

ごま味噌冷やし。冷やし系だから一気食いがオススメっす!

今さら日高屋の安さについて言うのもどうかと思うけど、550円って、まず安い。日高屋には「黒酢しょうゆ冷やし麺」(税込 530円/期間限定)っていう冷やし中華があるんだけど、ごま味噌~の場合は汁が冷たいごま味噌になってて、つけ麺風に食うのが特徴。ていうか日高屋。なんでラーメンを「中華“そば”」と言い、冷やし中華を「冷やし麺」と言うのか? そしてなぜ具材は別皿で提供されるのか? そのへんはポリシーがありそうなんだけど、旨ぇからまあいいや。……って思っていたんだけど、ちょっと思うのは「盛りつけに時間がかかるからじゃねえの?」ってコト。実はね、今回日高屋で注文してから料理が来るまでの時間を計っていたんだけど、マジで早い! たいてい5分以内に出てくるんですよ! これも日高屋が好きな理由かも。滞在時間15分ってこともあったもの。

で、ごま味噌冷やしのお味ですが、思ったよりサッパリでしたな。見た目はけっこう濃厚なんだけど、さすが夏のメニューだし冷やしと言うことで、ちょっとボリュームがある食べ物が欲しい時によいのではないでしょうか? ただね、ココが日高屋! って思ってしまうところはある。それはさ、具材っすよ。キュウリがね、パリパリ。「なんだよそんなことかよ」とか言うアナタ! 考えてみなよ? 安い店のキュウリってさ、「シナァ~」みたいにダレていることが多いじゃないですか。そしてハムも、「とりあえず肉っぽい何か」みたいなさ。玉子に至っては「食べられる黄色いスポンジ」みたいなものとかさ。日高屋はここがキチンとしているんだなぁ。こういうとこ! こういうとこが僕のハートに引っかかるんですよなあ(当社比なので、全日高屋がそうなのかどうかはわからんけど)。

●3日目 酸辣きのこ湯麺(税込610円)

No image

酸辣きのこ湯麺と半チャーハン。半チャーハンは、お腹空いてたのでついつい。これが幸せ感を加速するわけですよ。

ナゼ夏に湯麺? 辛いからか? というほど激辛ではないピリ辛程度のトロトロスープ。あったかいけど爽やか系ですな~。メニューでも前面に出ているきのこがやっぱり特徴で、けっこう肉厚の食い応えのあるきのこがうれしい一品。とろとろスープとふわふわ玉子、そして肉厚のジューシーきのこっていう具材はね、今はやっていないけどこちらも期間限定の「チゲ味噌ラーメン」を思い起こさせるポリシーを感じるよ。ちなみにチゲ味噌ラーメンは、けやきざか46(ひらがなけやき)のラーメン大好きな齋藤京子さんが折に触れてオススメするメニューでさ。これね「ラーメン好きをアピールする人間が日高屋!?」っていう面白みがあるトピックと捉えられがちなんだけど、舐めんな。本気でウマいから。彼女はそれが分かってる。これもね、なんかベースは「中華そば」のコンセプトな気がするんですよね。コクがあって少し甘い感じ。いや、辛いんだけど甘さも顔を出す。それがコクと相まって、「ウマい」。ここで「深み」とか言うつもりはございません。ウマいので、単にウマいと言えばいい。そこに理由はいらないのです。特に日高屋には。メシは蘊蓄ではなくて魂で食え! ってコトっすよ! 酸辣きのこ湯麺もチゲ味噌ラーメンも、大衆の味方であり雄である日高屋のプライドっつーもんを感じるんですよな~(タイアップ記事じゃあねえぜ?)。

●3日目夜 閉まっとるぅぅぅ~!

さて、期間限定メニューを2食こなしたわけですが、僕ァやっぱりチャーハン+ラーメンが好きだから、ちょっと浮気した気分にも陥ってしまい、夜は中華そば+半チャーハンにしよ~っと! と日高屋に行ったら、し、し、し、閉まっとるぅぅぅ~! 何でぇ~? 浮気したから? と思ったら、よく行く日高屋は日曜日の夜は早じまいだったのでした。

No image

閉まっている日高屋。ゆっくり休んでね(はーと)

隣の駅の日高屋にママチャリを走らせる俺。けども! けども隣の駅の日高屋も閉まってるぅぅ……。泣く泣く帰宅したわけですが、日高屋を連投していたせいか、本気で日高屋への想いが募ってしまって。深夜一人の部屋で枕を抱えながら「あ~あ、今頃日高屋は何してるかな……早く顔が見たいな」みたいな、思春期の男子中学生みたいな気分にもなったり。

●最終日 中華そば(税込390円)&チャーハン(税込450円)

というわけで最終日。本当は中華そば+半チャーハンでシメようと思っていたのですが、日高屋が閉まっていたショックもあり、最後の晩餐的な記念という意味もあるので、ここは半メニューではなくて独立して2品頼みましたよ。もちろん超満腹状態になるわけですが、それでも1000円超えないもんなあ。まれに、満腹のために分量のイメージ的には同等のチャーハン大盛りと半ラーメン(中華そば)を頼んだりするけど、やっぱり半ラーメンだとすぐに麺を食い終わるから、後半になってコショウを振りかけて食う僕としては少し物足りないんですよなあ。ちなみに、コショウも何の変哲もない普通のコショウでさ。これがまたいいんですよね。

No image

ラーメンにコショウを。コレがまた昭和チックながら平成のうま味もあって、いいんですよね~!

なんだろう日高屋って、「ラーメン(あ、中華そばか)はラーメン! チャーハンはチャーハン! コショウはコショウ!」っていう、めっちゃスタンダードな道を堂々と行っている。イマドキ、あの手この手で「個性」を出す店も多くて、それはそれでとってもウマいんだけど、熱烈中華食堂日高屋はそうじゃあない。安くて早いって特徴を兼ね備えつつ、メニューにはスタンダードな安心感があるんだ。これは怖いことだ。いつの間にか、日高屋だけで生活が成り立ってしまう可能性も十分あるんだ。しかも最近近所の日高屋にカワイイ女性店員さんを発見しちゃったりして、ますます日高屋濃度が高めになるんだ。

……ともあれ、普段「まあ日高屋でいいか」って思っている人、たくさんいらっしゃるでしょうが、ちょっと立ち止まってくださいよと。日高屋の恐ろしさをもう一度噛みしめてくださいよと! 日高屋舐めんなよと! 日高屋に行く自分にプライドを持てと! そこまでじゃないか……。

●日高屋食ったあとは

さいごに。日高屋を食った後はコイツね。お釣りでのセブン‐イレブンのアイスコーヒーレギュラーを(税込100円)。

No image

セブン‐イレブンのアイスコーヒーレギュラー

これがまた、スキッとウマいですよなあ。これを飲みながら家路に就くと、イヤなことなんて忘れちゃうよなあ!(イヤなことあんまないけどな) 日高屋→セブン‐イレブンの黄金コースで、生活が100倍豊かになりますよなあ。おしまい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「おいしい庄内空港」は土産店が充実!マスコット“まめうさ”も
おいしくて心強い!成城石井「なんでもいけるドレッシング」がマジでなんでもいける
アメリカの子供達に納豆を食べさせたらこうなった! ほぼ全員が吐き出し「ゴミ山を食べたらこんな味かも...」と散々な評価に
ミニストップ牛角監修がっつり焼肉弁当
9年連続日本一「スタバ苫小牧店」の奇跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加