新庄さん超える!阪神・糸井、イチローに並ぶ7度目Gグラブ「2桁いきます」

新庄さん超える!阪神・糸井、イチローに並ぶ7度目Gグラブ「2桁いきます」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

フリーエージェント(FA)宣言で阪神に加入した糸井嘉男外野手(35)=前オリックス=が29日、東京都内で行われた「三井ゴールデングラブ賞」の表彰式に参加した。2014年以来2年ぶり7度目の同賞に「2桁いきます!」と虎でも受賞し続けることを約束。阪神で同賞を最も多く獲得した新庄剛志氏(44)の7度(日本ハム時代も合わせ10度)も、一気に超える!?

黄金グラブが虎を救う。「守」でも糸井はどこまでも規格外。壇上に並ぶどの選手よりも多く、この賞を受賞してきた。チームを救うというその一心で、イチローや虎での新庄に並ぶ7個の輝くグラブを手にした。

「いやあ…2桁いきます! イチローさん、新庄さんには、まだまだそのクラスまで行けていないと思うので。もっと練習してがんばります」

前日28日には「NPBアワーズ」で盗塁王とベストナインを獲得。スターに輝かしい舞台はつきものだ。一夜明けて、またもスターの集いに参加し、壇上で「根性です! 投手を助けたいという気持ちです」と満面の笑みを浮かべた。パ・リーグ外野手部門での7度目の受賞は、2000年のイチロー以来5人目という快挙だった。

新庄氏も阪神時代の2000年までに同賞を7度獲得。これが今も阪神の球団最多獲得回数だ。海を渡り戻ってきた日本ハムではSHINJOとして、04年から3年連続で獲得した。糸井の野手転向初年度だった06年を最後に引退。広い札幌ドームを自らの庭としたその勇姿は、糸井の脳裏に今でも焼き付いている。

「同じチームでやらせてもらって、見てて勉強になった部分がすごくありました」

若き新庄が躍動した甲子園で、今度は糸井は熟練の守りを披露する。虎で8、9、10個目の黄金グラブを積み重ねる。今季、若手を積極起用した虎の外野は、リーグワーストの15失策。同賞5度の福留と熟練右中間を結成して、鉄壁の守備を見せつける。

「甲子園は広い。右中間、左中間が広い。浜風でビールくさい(笑)。でも、天然芝やし、やっぱり気持ちいいですよ」

若手に難敵として立ちはだかった課題も、この男にはどこ吹く浜風…いや、風だ。

セ、パ両リーグでの受賞は過去に8人もいるものの、日本ハム、オリックスに次ぎ3球団でとなれば、野手では史上初。「トライします!」と、おどけてラグビーのトライポーズを取った。超人がイチロー、新庄を超越する日は遠くない。 (長友孝輔)

No image

糸井(左)は元同僚の日本ハム・陽岱鋼(右)と話す。最低あと3つ、ゴールデングラブいただきます!(撮影・塩浦孝明)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
DeNAまとめサイト問題 ベイスターズへの”影響”はあるのか? 南場会長の回答は...
Yahoo!検索大賞2016に「カープ日程」が選出!
初代タイガーか狭心症から復活!ローリングソバットで激勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加