カズ、51歳にして立つJピッチ「どんな時もサッカーに全力」

カズ、51歳にして立つJピッチ「どんな時もサッカーに全力」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

J2横浜FCは11日、元日本代表FW三浦知良(50)と契約を更新したと発表した。今年2月26日に51歳となるカズの現役続行が決まった。自身の持つJ最年長出場記録だけではなく、J最年長ゴール記録、50歳14日の更新にも期待がかかる。今年はロシアW杯イヤー。カズのパフォーマンスに注目だ。

挑戦はまだまだ続く。横浜FCは1月11日、午前11時11分に、FW三浦知との契約更新を発表した。背番号11にちなんだ恒例行事で、2018年もキングカズが横浜FCを盛り上げる。

「無事に契約を更新することができました。どんな時もサッカーに全力で向き合い、成長できたらいいと思います」

グアムで自主トレ中のカズは、クラブを通じてコメントした。3年前から12月と1月の2度、グアム自主トレを敢行。年間を通して動ける体作りに専念している。

昨年2月26日の50歳の誕生日は、J2開幕戦(松本戦)と重なった。先発出場を果たしゴールこそなかったが、チームを1-0の勝利に導いた。試合後、カズは報道陣が待ち受ける中、ど派手なピンクスーツ姿で登場。「60歳まで現役を続けたい」と真顔で言い放った。51歳の誕生日では、どんな姿で楽しませてくれるのか。

契約続行は既定路線だった。昨年11月11日には「例年と同じ。僕としてはもちろん、そのつもりです」と現役続行を希望し、クラブ側も「そのつもり」と契約更新を示唆していた。

昨季はリーグ戦12試合で1得点。3月12日の群馬戦(ホーム)でJリーグ史上初めて50歳でゴールを決め、自身の持つJ最年長得点記録を50歳14日に更新した。

今季はW杯イヤー。ゴールを量産すれば“カズ待望論”も巻き起こる!?

三浦 知良(みうら・かずよし)

1967(昭和42)年2月26日生まれ、50歳。静岡市出身。15歳だった82年にブラジルへ渡り、86年にサントスとプロ契約。90年に帰国して読売クラブ入り。Jリーグ開幕初年度の93年にV川崎(現東京V)で優勝し、MVP。94年にジェノアに移籍し、日本選手初のセリエAプレーヤーに。Cザグレブ(現Dザグレブ)などを経て、2006年から横浜FC所属。J2昨季12試合1得点、同通算237試合24得点。J1通算321試合139得点。代表通算89試合55得点。1メートル77、72キロ。

No image

横浜FC・三浦知良

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ようやく生まれた攻撃陣初ゴール!! MF三好康児「どうしても得点に結び付けたかった」
徳島、今年こそJ1昇格 元U17スペイン代表MFシシーニョ獲得
帝京大可児の選手権躍進は「嬉しさと羨ましさ半々」、岐阜入団の中大MF三島頌平が加入一年目の活躍誓う
先発総入れ替えも3連勝!! 森保ジャパン、北朝鮮に3発勝利でGL首位通過
甲府FWドゥドゥ、福岡へ期限付き移籍「全力を尽くす」...昨季J1で5得点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加