【報ステ】米軍“謝罪なし”...ヘリ不時着・炎上

【報ステ】米軍“謝罪なし”...ヘリ不時着・炎上

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

沖縄県北部の東村高江地区でアメリカ軍のヘリコプター『CH53』が不時着・炎上した事故をめぐり、小野寺防衛大臣は12日、安全確認が行われるまで同型機の飛行を停止するよう要請した。アメリカ軍はこれに応じたというが、夕方に海兵隊が出した報道発表で、飛行停止の期間は96時間と期限が切られていることがわかった。アメリカ海軍安全センターは今回の事故を最も重大な事故『クラスA』に分類しているが、在日アメリカ軍のシュローティ副司令官は「“個人的”には、被害を受けた地主におわびしたい」と述べ、軍として正式に謝罪するつもりはないことを示唆。在沖アメリカ軍トップのニコルソン四軍調整官も、沖縄県・富川副知事との電話で、謝罪の言葉は述べなかったという。12日に現場を視察した翁長知事は「悲しい、悔しい、そして怒り。沖縄にとって“国難”とはこういった状況だ」と述べ、憤りをあらわにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名門陸上競技部の男 女子寮に“忍び込み下着ドロ”
今週末ふたたび台風襲来か?米軍の予測がショック!
2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
電柱衝突で後部座席の1歳男児が死亡 その時父親は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加